スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - |

草って食べさせても大丈夫?


暖かくなってきたこの季節、散歩中生い茂った草をパクパク食べるワンちゃんはいませんか?

本日はワンちゃんが草を食べる理由や、対応について書きたいと思います。



ワンちゃんが草を食べる3つの理由

1.胃腸の異常
毛づくろいをした際に、胃の中に毛玉が溜まり、それを吐くために食べることがあります。
また、おやつの食べすぎなどで胸やけを起こしているときも食べることがあります。

2.食事不足
食事量が足りていなかったり、空腹の時間が長いと食べることがあります。

3.心の問題
散歩や遊び、飼主さんと接する時間が足りない時に、ストレスから食べることがあります。
また自分の気分を落ち着かせる時も食べることがあります。


草は食べても平気?

散歩中に生えている草はあまり食べさせない方が無難です。

食べても大丈夫な草もありますが、食べると毒になる草もあります。
また殺虫剤や除草剤がかかっている場合もある為、大変危険です。
食べさせないようにしましょう。


草を食べる時の対処法

1.原因を取り除く

^澆琉枉
抜け毛の時期はまめにブラッシングをし、出来る限り毛を飲み込まないようにし、おやつの食べすぎにも注意しましょう。
また、草の代わりに食物繊維の豊富な野菜サツマイモ、カボチャ、レタスなどを細かくし、食事に混ぜて与えると、毛玉を排出しやすく胸焼けの予防にもつながります。

⊃事不足
避妊・去勢手術ごのワンちゃんは食欲が増えることがあり、通常の量だと空腹感を覚える場合があります。
避妊・去勢手術後の犬のサポート食(例:ロイヤルカナン・ニュータードケア)を与えると、食物繊維が多く満腹感を与えることが出来ます。
食事の回数が一回の場合は、朝と夕の2回に分け、留守が長く空腹時間が長い場合は、自動で与える機械を使用するのもお勧めです。

心の問題
ストレスを感じている原因を考えてあげましょう。
まずは、散歩や遊びなど、飼主さんと接する時間を増やして様子をみましょう。
その他の心の問題は丁寧に考えていく必要がありますので、早めに専門家を呼んでいただくと良いと思います。


2.食べさせないようにする

〜陲剖瓩鼎韻覆
草の生い茂った場所はなるべく入らないようにしましょう。
それでも草の生えている場所を通る時は、ワンちゃんの口が地面に届かない程度、リードを短く持って歩きましょう。

∩陲茲蠅發いしいものを持参しよう
,鮃圓い覆ら、頭が上がっているときに、おいしいものを与えましょう。
こうすることにより、草を食べようとするより、飼主さんの方に意識が集中します。
慣れてきたら、名前を呼び、飼主さんの方を見たら言葉で少し褒めてから、おいしいものをあげましょう。
飼主さんの言葉によって、草を食べることを予防できます。
ただし、おいしい物の与えすぎは注意が必要ですので、一日の食事量の10パーセント以内にしましょう。

















@横浜 しつけ 犬のしつけ 草を食べる
 
| 犬の習性 | 14:43 | - | - | - | - |

満足度、何パーセント?



1時間早歩きでお散歩に行っても、まだ元気!それがトイプードルの銀ちゃんです(^^)

銀ちゃんのお宅には吠えを改善する為に伺っていました。

以前ブログでレッスン内容を載せました。→http://happydoglife.jugem.jp/?day=20131204

現在銀ちゃんのお宅は、赤ちゃんが生まれたばかりなので、お散歩に行かれない飼い主さんに代わり、私とお散歩に行っています。



1時間速い速度で歩き続ける散歩をしても、まだまだ足りないようなので、リュックをしょって、走れるこんな格好をして、1時間小走りし続けました(^^;

走っている時の銀ちゃんの表情は、イキイキとして本当に楽しそうに私の顔を見ていました。

これでようやく疲れて眠ってくれるようです。

同じ一時間行っても、満足度は変わるということですね。



エネルギーの高い犬は、充分発散する機会を与えないと、あらゆるものをかじったり、追いかけたり、吠えたり、咬んだり、人にとって困った問題を引き起こしやすくなります。

愛犬がどれくらい満足したのかを観察して、足りていなかったら、走ったり、遊んだり、ゆっくりニオイを嗅いだり、行ったことのないお散歩コースに行ってみたりして、帰ったらすぐ体を休めるくらいお散歩に連れて行くことをおススメします。

それだけで、抱えているあらゆる問題を改善しやすくなります。
| 犬の習性 | 15:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

大興奮を歓迎するのは人間だけ!?



飼い主さんが帰宅すると、大喜びで迎えてくれる愛犬は可愛いものですよね(^^)

飼い主さんもこの大喜びの出迎えにより、仕事の疲れや悩みが吹き飛んでしまうのではないでしょうか。

犬を飼う楽しみにがそこにある方も多いかもしれません。

実は、この“興奮”犬の社会では認められる行為ではない為、過度に興奮している犬がいれば、他の犬からお叱りを受けます。

犬同士がキャピキャピと遊んでいて、それを見ていた他の犬が吠えかかったりするのを見たことある方もいるのではないでしょうか。

このように、犬の社会ではこの状態は認められない。受け入れられない。ものがあり、それを叱るものがいて、犬が穏やかな状態を保つことが出来ます。

しかし、人の場合はその行為が、飼い主さん側から見れば、癒しの行為やとても可愛い行為に見えてしまう為、それを大歓迎してしまいます。

それにより、穏やかな状態を欠いてしまう生活になったり、又、他の安定した犬から受け入れられず、社交性に欠けた犬になっていることがあります。

もしもお困りの行為があるという方は、いつも歓迎していることを少し変えるだけで、新しい穏やかな生活を送ることが出来るかもしれません(^^)

| 犬の習性 | 21:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ちゃんと嗅いでるよー




お散歩中に犬同士があったり、犬好きの人に会ったりすると、挨拶しなさい。と愛犬を近づけさせたりするのを見かけたことはありませんか?

犬の挨拶といったらニオイを嗅いだり、嗅ぎあったりすることを想像するかと思います。

犬同士が接近し、顔の付近や陰部、お尻を嗅ぎ合うのを見たことありますよね。

ですから、きっと近くに行かせなくてはいけないという思考が働くのかもしれませんが、お互いに近づきあわずとも、飼い主さんの背後にいながら、相手のニオイをちゃんととって相手がどんなニオイか、ちゃんと嗅いでいたりします。

鼻先をよく見るとヒクヒクと動いて相手のニオイを嗅いでいます。

理想とする接近の嗅ぎ方でなくても、とりあえずそれだけでもよいのです。

普段の生活の中でも、興味や好奇心を抱きながら、いろんなニオイをとっていますから、是非、注意して見てみて下さいね(^^)

| 犬の習性 | 11:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

散歩に行っていますか?



散歩は犬の心と体のバランスをとるために大変重要です。

最近は、小型犬が増え、散歩は時々行きます。とおっしゃる方も多いのですが、健康な犬であれば、大きさに関係なく散歩は毎日必要です。

そして、体重が同じ5キロの犬でも、ハイパー元気な犬と、おっとりとした犬とでは、それぞれ必要な散歩の量は異なります。

帰宅しても、まだ落ち着きなく元気に動いているようならば、もう少し散歩が必要かもしれません。

愛犬にあった散歩を毎日行うだけで、犬がとっても穏やかになり、問題が改善されることもあります。

あなたの愛犬は、散歩が充分に足りていますか?
| 犬の習性 | 18:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

犬の考え方で接してみる



犬の考え方で接してみる

愛犬が、興奮しやすかったり、不安、恐怖、神経質だったり、または飼い主さんがもっと愛犬と深い絆を結びたいなら、犬の考え方で接してみることをおススメします。

例えば、怖がっている愛犬に人は『大丈夫よ』と声をかけてしまいますが、犬は声をかけたりせず、なだめたりもしません。

人と犬とは接し方も考え方も違います。

その犬の接し方を理解し、活用すれば今よりもっと飼い主さんへの信頼が増すかもしれません。

人間社会の中で生活する彼らを尊重し、人の接し方と犬の接し方、両方を互いに学べば、もっと楽しく生活出来るのではないかと私は思います。
| 犬の習性 | 00:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

去勢、避妊、どう考えますか?



去勢、避妊、どう考えますか?

犬を飼うと、去勢や避妊をどうするか考えると思います。

よく、人間の勝手で手術をするのは可哀想。とおっしゃる飼い主さんも多いのですが、あなたはどう思いますか(^^)?

犬にとって、繁殖というのは大きな役割を持っていますので、繁殖欲というのは本能的にとても強いものを持っています。

ですから、生殖器を持っていて、それを使用できないのはとてもストレスがかかってしまいます。

人間に飼われている以上、自由に相手を見つけ繁殖することは出来ません。

繁殖できないことのストレスで、異常行動を起こす犬も実際少なくありませんので、ドッグトレーナーとしては去勢、避妊手術を早めに受けることをおススメします。

犬を飼ったら、家族でよく話し合い、どうするか決めて下さいね(^^)


| 犬の習性 | 00:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

舐める理由



舐める理由

ただいま〜っと帰って来たら愛犬がお帰り〜と言わんばかりにベロベロ大歓迎をしたりしませんか?

目があったり、愛犬の体を撫でていたら、顔を舐めてきたりすることもあると思います。

愛犬が、人の顔を舐めてくる理由は二つ

癒すこと。と、服従を示すこと。です。

でも、四六時中ずぅ〜っと舐めてくるようでしたら、それは異常行動ですのでご注意ください。

それから、衛生的にもあまりよくありませんので、ベロベロされたらコソコソと顔を洗って下さいね(^^;
| 犬の習性 | 00:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

犬が挨拶に使う順番



前回の記事で、犬のいるお宅にお邪魔する際は、見ない。触らない。話しかけない。をお願いします。と紹介しましたが、犬が挨拶に使うときの順番をお話します。

人同士の場合は、まずお互いを目で見て、こんにちはと声を出して挨拶しますから、目→耳の順番使っています。

目を合わせず、声をかけない人がいたら、ちょっとコミュニケーションが取れない人かなぁと感じますよね(^^;

でも、犬の場合は、この順番ではありません。

鼻→目→耳の順番でお互いを感じます。

ですから、まずは犬が自らニオイが取れる距離に近づいて、嗅ぐまで人は何もしないのが、どうぞ嗅いで。という挨拶になります。

人と犬とは挨拶の仕方が違いますので、これをお読みになった方は出来るだけ合わせてあげてはいかがでしょうか(^^)

| 犬の習性 | 22:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ヒゲは切っちゃダメ?



ひげは切っちゃダメ?

シャンプー、トリミングに愛犬を出す時、犬種によってはひげをカットしますか?と聞かれる場合があります。

もし、こだわりがないのであれば、私は切らないことをおススメします。

ひげにはこんな役割があると言われています。

何かがひげに触れると、反射的にまぶたを閉じ、目を保護したり、風の吹く方向を感じたり、また、犬は近くのものがよく見えない為、ひげを使って上手くものの正体や位置を把握し、情報をえているようです。

このような役割を、愛犬がどれくらい活用しているのかはわかりませんが、本犬にとっては存在して不便なものではないでしょうから、私は切らないであげることをおススメしています(^^)
| 犬の習性 | 00:43 | - | trackbacks(0) | - | - |

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
PR
New entries
Archives
Categories
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM