愛犬と旅行♪おススメ宿☆

 

愛犬達と那須へ旅行に行ってきました(^^)

 

天気も良く

 

愛犬達もルンルン♪

 

宿泊したホテルもとてもよかったです

 

 

 

宿泊したのはエピナール那須のテラス棟

 

 

池が目の前に広がっていて

 

テラスは全部で7部屋のみ

 

とても贅沢な空間です

 

 

 

 

お部屋はオートロックで

 

開ける時はこのカードみたいなのを

 

かざすだけで開きます

 

 

 

愛犬と一緒に出入りすると

 

お散歩バッグを持っていたり

 

抱っこをしていたりするので

 

ワンタッチで開くのはとても便利でした

 

考えられてますね・・

 

 

 

 

 

お部屋に入ると

 

中に柵があってワンちゃんがお部屋で自由にしやすい環境

 

お部屋のドアが開いても飛び出すことがないので

 

安全管理がしやすいですね

 

 

 

 

 

因みに

 

お部屋にはこのようなサークルがあります

 

 

飼主さんがお部屋にいる時は

 

自由にしていてOK

 

お部屋をお留守にする時だけ

 

サークルに入れるのが決まり

 

大き目のトイレが設置してあって

 

助かります

 

 

 

お部屋のお写真撮らなかったので

 

ご興味がある方はこちらのリンクからご覧ください

 

エピナール那須 ペットと泊まれる テラス棟

 

 

 

 

 

 

ペットシーツ

足拭きタオル

ウンチ袋

お水とご飯のお皿と台

お散歩バッグ

お水かけようのボトル

虫よけスプレー

コロコロ

 

ワンちゃん用のアメニティも

揃っていて不便なことはありませんでした

 

 

 

 

ワンちゃん用のおやつも用意されてました(^^)

 

 

 

 

 

テラス棟の周囲は

 

お散歩道があって

 

池の周りをぐるっと歩くと

 

広いドッグランがあります

 

 

 

小型犬エリアが2つ(手前と奥)

 

小型犬〜大型犬が入れる

フリーエリアが1つ

 

 

とても広いので

思いっきり走って満喫してました(^^)

 

 

 

私が旅行にいって

何より嬉しいのは

 

愛犬達が楽しそうにしている姿見た時

 

 

横浜から那須は遠かったですが

 

八重桜が咲いた

大きな公園を散策して

 

尻尾がルンルンで

とてもいい顔をしていました

 

 

愛犬達が元気に旅行に行かれる年数は

 

いったいあと何年だろう・・

 

そう考えると

 

愛犬達が楽しめる場所に

 

いっぱい連れて行ってあげたいな

 

 

改めてそう思いました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

@横浜しつけ教室

 

| 犬とお出かけ | 12:38 | - | - | - | - |

『耳』から愛犬の気持ちを読み取ろう

 

ワンちゃんは、体全体の動作や表情を使って自分の気持ちを表します

 

これをボディランゲージっていいます

 

 

ですので、ワンちゃんは日々ボディランゲージを使って飼主さんに自分の気持ちを伝えています

 

そんな気持ちを読み取ることが出来たら素敵(^^)♪

 

 

最初は全体の印象でざっくり、

 

喜んでいる

興奮している

怖がっている

怒っている

緊張している

警戒している

 

そんな風に感じてみる

 

で、慣れてきたら部位に注目して見てみる

 

見る部位はたくさんありますが、

 

今日は『耳』に注目!!

 

 

★耳が前に向けられている

【その感情例】

・集中している

・警戒している

・相手に対して大胆な気持ちになっている

・目の前で起こっていることをよく観察しようとしている

 

 

 

 

★耳が後ろに寝かされている

 

【その感情例】

・相手に対して謙虚な態度をとっている

・うれしい

・友好を示している

・服従を示している

・ほっとしている

・怖い

・緊張している

・苦痛に感じている

・不快を感じている

・ストレス状態にある

 

ドッグトレーナーに必要な深読み・先読みテクニック

ヴィベケ・S・リーセ 著 より

 

 

これを見て、ん?どういうこと?と思った人もいるのでは?

 

耳が後ろに寝かされている

 

という動作で真逆の気持ちが示されている

 

・うれしい

・怖い

 

って反対な感じですよね?

 

なので、一つの部位で推測することが出来ない(^^;

 

 

 

だから、私は他の部位と状況を見て、この気持ちなのではと”推測”していく

 

推測なので、絶対この気持ちだ!と断定するわけではない

 

推測を立てて、その気持ちに合わせて接してみる

 

で、その結果どう変わったのかで、その推測がより適切であったのか判断していきます

 

状況:初対面の犬、私を見て

 

ボディランゲージ:耳が後ろに寝ている、尻尾下がっている、重心が後ろにかかっている

 

推測した感情:怖い、緊張

 

接し方:見ない、触らない、話しかけない、なるべく正面を向けずにしゃがむ

 

結果:重心が前にかかり近づいてきた(先ほどよりも緊張と怖い感情が緩和した可能性)

 

 

という感じです

 

 

 

でも、最初からすべての部位がの意味を覚えるのは大変ですので

 

耳が前を向いているか、寝かされているか

 

ちょっと観察してみて

 

いったいどの感情なのか推測してみるといいと思います(^^)

 

 

 

愛犬と以心伝心できたら最高ですよね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

@横浜しつけ教室 いぬのきもち ボディランゲージ

 

 

| 犬の気持ち | 04:26 | - | - | - | - |

兵藤動物病院パピー教室 可愛い子犬ちゃん達の写真

兵藤動物病院

パピー教室日曜17時クラスの様子

 

右:ハルくん  左:わたあめくん

ハルくんのお洋服、幼稚園に行く格好で

バックがついてて、名札もついてます♪可愛い・・

 

わたあめくん お名前の通り白くて全身フワッフワッ♪

可愛いお顔が撮れなくて・・残念・・

 

 

子犬の甘噛み対策として

子犬が一人で遊ぶようのオモチャを活用して

しっかり噛みたい欲求

遊びたい欲求を満たしてあげることが大切

 

オモチャころんころん転がして

中からドッグフードやおやつが出てくる遊びをしています

 

 

 

このようにひとりで遊ぶことが出来れば

子犬の困った問題

イタズラや要求吠えの予防も出来ます

 

また歯の抜け変わる4〜5ヶ月は

歯がかゆくて何かを噛みたい欲求も強くなります

フードの詰められるオモチャを使って

 

しっかりその欲求を満たしてあげて下さい(^^)

 

 

 

 

 

こちらはパピー教室3回目のレッスン

 

クレートに合図によって入り

合図によって出る練習をしています

 

ふくまるくん

 

出る時に大切なのは

扉が開いても飛び出さないこと

 

”出て〜”と飼主さんが指をさして

合図を送ったら

出るように教えておきます

 

ふくまるくん、扉があいても

飛び出さずにちゃんと待ってくれています(^^)

 

 

 

プリンくん

 

こちらも、飼い主さんが指をさして”出て〜”の合図で

 

ちゃんと出てきてくれます

 

クレートの中では首輪、または胴輪をしていても

 

リードを付けるのは危険です

 

ですので、クレートに入る時はリードを外し

 

出た時にリードをつけたい

 

 

ただ、リードがついていない状態で

 

扉が開いた時に飛び出してしまうと

 

車の移動時では道路に飛び出してしまう危険もあります

 

 

 

ですので、扉が開いても

 

飛び出さず

 

飼主さんの合図で出てくる練習をしています(^^)☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

@横浜しつけ教室 パピー教室 子犬のしつけ方 兵藤動物病院

 

 

 

| しつけ教室 | 14:47 | - | - | - | - |

”お手”の教え方

 

 

ワンちゃんを迎え入れると

 

お手

 

教えたい飼主さん

 

多いと思います(^^)

 

 

 

お手

 

って言って

 

飼主さんが手を出せば

 

ちょこんとワンちゃんが

 

前足をのせてくれる

 

可愛いですよね♪

 

 

 

 

 

今日はワンちゃんに”お手”を教える方法をご紹介

 


お手はかわいい一発芸になることはもちろん

 

足拭きにも活用できます



お手をするためには

 

座る姿勢を維持することが必要ですので

 

オスワリ・マッテを先に教えておきましょう

 

 


またワンちゃんにわかりやすく教える為に

 

短い褒め言葉を決めておきましょう

 

 

 

 


今回は仮に いい子!を褒め言葉にします

 

 


,泙此∩安が手にのる行動を引き出します


オスワリマッテが出来るようになったら

 

ご褒美になる食べ物を一粒持ってグーにします


その手をワンちゃんの片方の前足の付け根の少し手前に差し出します


ワンちゃんがグーの手をこじ開けようと

 

前足をのせた瞬間にいい子!と褒めて

 

グーの手をパーにしてご褒美を与えます


※この時、手の位置が高すぎたり、低すぎたり、横にずれないようにしましょう

 

 

 

 

もしも前足をのせない場合は

 

まずは、グーの手にワンちゃんの鼻先がクンクンと来た時にその手をパーにします

 

それを3回くらい繰り返したら

 

鼻先がクンクンしただけではパーにせず、

 

鼻でグイッとその手を押したらパーにします

 

で、それも2〜3回繰り返したら

 

前足だけに注目して見てみて下さい

 

前足をしっかりのせなくても、少しでも床から浮いたら

 

グーの手をパーにします

 

上記のように、少しずつ前足がグーの手にのる行動を引き出していきます

 

 

 

 



⊆,麓蠅侶舛鯤僂┐討います


先程の動きが毎回出るようになったら

 

小さいご褒美を手の平にのせて親指で押さえます


先程と同じ位置に差し出して

 

ワンちゃんが前足をのせたらいい子!

 

と褒めてご褒美を与えます

 

 

 

 



次はご褒美を切りはなしていきます


先程の手にはご褒美を持たずに

 

反対の手に持って隠します


手のひらを差し出して

 

ワンちゃんが前足をのせたらいい子!

 

と褒めて反対の手からご褒美を与えます

 

 

 

 



ぜ,聾斥佞旅膺泙鬚弔韻討います


手を差し出す前に1度だけ”お手”とハッキリいいます

 

一呼吸おいてから手を差し出します


ワンちゃんが前足をのせたらいい子!

 

と褒めて反対の手からご褒美を与えます


これに慣れたら、ご褒美を毎回ではなく

 

2回に1回、3回に1回というように

 

時々与えるように変えていくとお手をしっかり覚えてくれます

 

 

 

 

 



☆お手をしっかり覚えたところで

 

反対の手をのせる”おかわり”にチャレンジしてみましょう


お手、おかわりを覚えたら足ふきに活用することが出来ます


手のひらに小さくしたハンドタオルを用意し

 

前足をのせたら優しく拭きましょう


拭かれるのが嫌がる子は慣れるまで拭いている間にご褒美を与えます

 

 



足先はワンちゃんにとって

 

特に敏感な部分なので嫌がる子は

 

ご褒美を使いながら少しずつ慣れさせることが大切です









@横浜しつけ教室 パピー教室 兵藤動物病院 子犬のしつけ方 お手の教え方
 

| 基本トレーニング | 16:25 | - | - | - | - |

愛犬と会話ができるようになる近道

 

好きな記事なので

 

もう一度、ご紹介

 

 

 

 

私達人間は、言葉と言葉で会話をしますね

 

だから、電話で会話することが出来ます

 

 

 

相手に伝えたいことを

 

言葉にして伝えること出来ます

 

で、もちろん、

 

相手も目の前に会話の相手がいなくても

 

何が言いたいのか伝わります

 

なので

 

私もお電話で相談を受けることがあります

 

 

 

 

 

 

 

では、ワンちゃんは?

 

 

 

当たり前ですが、こうなりませんね(^^;

 

ワンちゃんってどうやって会話してますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

ワンちゃんは表情、体、動き+吠える、唸るを使って伝えています

 

 

 

 

だから、

 

ワンちゃんって飼い主さんのこと

 

すごく観察してます

 

 

 

 

 

飼主さんが悲しい時

飼主さんがイライラしている時

飼主さんが不安な時

飼主さんが嬉しそうな時

飼主さんが怒っている時

 

 

 

 

 

ワンちゃん達は

 

飼主さんのこといつもいつも

 

じ〜っと見ています

 

で、心の状態を感じています(^^)

 

 

 

 

こんなにあなたを

 

じっと見てくれている人いますか(^^;笑

 

 

 

 

 

彼氏、彼女、夫、妻、親、子供・・・

 

家族でもこんなには見てくれていないかも!

 

って私は思います

 

 

 

 

 

でも・・・

 

飼い主さんはワンちゃんをどれくらい見ていますか?

 

ワンちゃんの心をどれくらい感じていますか?

 

 

 

 

 

ずっと飼主さんに

 

気持ち伝えているかもしれません

 

 

 

 

そこに気づいてもらえていないことで

 

飼い主さんとの関係が悪くなったり

 

困った問題が起きていることもあります

 

 

 

 

 

と、言うことは

 

気持ちに気づくだけで

 

改善できることがたくさんある

 

ということでもあります(^^)

 

 

 

 

 

 

困った問題行動が出たら

 

きっと多くの方は

 

なくす方法、しつける方法を探すと思います

 

 

 

 

 

それはそれで必要ですが

 

原因を見つめ、なぜその行動が起きたのか

 

どんな気持ちだったのか

 

考えてあげることも大切です

 

 

 

 

愛犬達があなたを

 

ずぅ〜っと

 

見てくれているみたいに

 

私達も

 

じぃ〜っと・・

 

今、

 

どんな気持ちなんだろう

 

何を考えているんだろう

 

 

 

って考えてみませんか

 

 

 

 

 

そうやって

 

ワンちゃんの視点になってみると

 

すごく世界が変わります♪

 

 

 

そして

 

愛犬との心の距離も近くなって

 

気持ちが通い合う感覚が生まれます(^^)

 

 

 

 

気持ちをわかってくれる

 

一番の理解者が飼主さん

 

ってすごくいい☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

@横浜しつけ教室 兵藤動物病院 子犬のしつけ方 子犬 パピー教室

 

| 犬の気持ち | 09:01 | - | - | - | - |

その床、危ないんです

 

今日は以前書いた記事から

 

危険な床について

 

 

 

出張レッスンにお伺いすると

 

フローリングのお家

 

とっても多いなーって思います

 

 

 

 

で、フローリングに滑り止め加工がしてあればいいのですが

 

そのままだと、ワンちゃんにとっては結構滑ります

 

 

 

 

ワンちゃんが怪我する原因として多いのが

 

ソファーや高い場所や抱っこした状態から

 

降りる時に床が滑るので、着地できずに足を痛めてしまう

 

飼主さんとボール遊びや引っ張りっこして遊んでいて

 

滑って体をうちつけてしまう

 

 

 

フローリングって掃除がしやすい

 

ホコリや毛は掃除機ですいやすいし、汚しても拭けばいいしね(^^;

 

で、人はフローリングでそんな滑らない

 

だから、困らない

 

 

 

でも、ワンちゃんはどうだろう

 

肉球に毛がかかっていて、滑り止めがきいていないワンちゃんは

 

すごい滑るかもしれない

 

もしかしたら、スケートリンクの上を歩くくらい滑るのかもしれない

 

踏ん張れないと、歩きづらい

 

一度転んでしまった子は遊ばなくなることもある

 

 

 

ちょっと大げさに表現しましたが

 

滑ってるなぁ〜って気づいていたら

 

ケガをする前に滑らないように床を変えてあげて欲しい

 

走っても滑らな〜い

 

遊んでも滑らな〜い

 

はしゃいでも

 

着地しても

 

だいじょ〜ぶな安全な足場、床を作ってあげてください(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

@横浜しつけ教室子犬のしつけ方

| 犬の気持ち | 22:05 | - | - | - | - |

横浜しつけ教室ドッグランでのレッスン風景

 

日曜日にドッグランさんをお借りして

 

開催している

 

成犬のしつけ教室の様子

 

 

お写真でご紹介

 

 

 

 

まずはウォーミングアップ

 

ドッグランに到着時は

 

興奮しているので、その様子を確認しつつ

 

飼主さんに集中してもらう方法

 

そして、合図をかけて練習から

 

 

 

チャコちゃん

しっかり集中しています

 

 

 

ベルくん

パパの手、ケガされていて痛そうですが

ベルくんも集中してます

 

 

 

今日は4頭すべてプードル

男の子チーム

女の子チーム

に分かれゲームをしました

 

 

上記のような項目が

 

書いてあり、その項目をクリアしながら

 

チームメンバーにバトンタッチします

 

 

出雲くん

フセ・マッテで飼主さんが1周まわり中

素晴らしい安定感

 

 

 

左ベルくん 右リリちゃん

はオスワリ・マッテでトランプを拾います

ゴールしたら各チームのトランプの数字を足して

どちらが数が多いか競いました♪

 

 

 

 

基礎練習と

ゲームの後は

自由に遊んだり走ったりする

 

フリータイム♪

 

 

オモチャを拾いに行ったり

 

走ったり

 

しばらくフリータイムを楽しみます

 

 

 

 

 

そしてこんなオモチャが落ちている中で

 

オイデで呼び寄せる練習を時々入れます

 

オスワリマッテではなれて

 

オイデで呼び寄せるのではなく

 

このようにワンちゃんにとって

 

すごく気になるものがある中でも

 

飼主さんのオイデ!の合図で来ることが大切!

 

 

 

 

十分フリータイムを楽しんだら

また真面目に練習

 

4頭各自毎月別々の課題があり

それを5分間の練習でクリアして

披露します

 

因みに、写真のチャコちゃんは

フセ・マッテで飼主さんが3mはなれてオスワリ

 

視線の先に飼主さんがいて

 

合図がかかるのを待っています

 

で、

 

この項目って

 

日常生活で必要なわけではありません

 

出来なくても

 

全然問題ないです

 

 

でも、ゲーム感覚で

色々なバリエーションで

 

飼主さんとやりとりをする時間が

 

たくさん増やすことが目的

 

 

 

 

 

だから言うことを聞いていることが

 

大切なのではなく

 

どれだけ一緒にやりとりしている時間がとれたか

 

そこが大切なだけ(^^)

 

 

 

 

飼主さんの合図がワンちゃんに入るってことは

 

それだけ飼主さんの教え方が

 

わかりやすいってこと

 

そうなると、ワンちゃんに対する意思の伝え方が

 

飼主さんが上手になっているということでもあります

 

と、いうことは

 

反対に飼主さんは

 

ワンちゃんの様子をしっかり観察出来ている

 

ということでもあります

 

 

 

 

 

一方通行では

 

なかなかうまくいきません

 

因みに上の写真は

 

”だるまさんが転んだ”でオスワリマッテをしている様子

 

 

 

 

 

そして

 

最後は

 

またフリータイム

 

 

他のワンちゃんとの触れ合いや

 

他の飼主さんとの触れ合いの時間です

 

 

なでなでが大好きなベルちゃん

 

他の飼主さんにいっぱいナデナデしてもらいました♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

@横浜しつけ教室 子犬のしつけ方 兵藤動物病院 パピー教室

| しつけ教室 | 11:22 | - | - | - | - |

草って食べさせても大丈夫?

 

暖かくなってきたこの季節、

 

散歩中生い茂った草を

 

パクパク食べるワンちゃんはいませんか?

 

 

 

私の愛犬も

 

放っておくと

 

パクパク、ムシャムシャしています(^^;

 



本日は

 

ワンちゃんが草を食べる理由

 

対応について

 




ワンちゃんが草を食べる理由

 


1.胃腸の異常


毛づくろいをした際に

 

胃の中に毛玉が溜まり

 

それを吐くために食べることがあります


また、おやつの食べすぎなどで

 

胸やけを起こしているときも食べることがあります

 

 



2.食事不足


食事量が足りていなかったり

 

空腹の時間が長いと食べることがあります

 

 



3.心の問題


散歩や遊び

 

飼主さんと接する時間が足りない時に

 

ストレスから食べることがあります


また自分の気分を落ち着かせる時も食べることがあります

 

 

 

4.ただおいしい

 

これ

 

ただうちの愛犬を見ていて思うこと

 

冬が去り、新しく生えてきた草だけ

 

食べます

 

この時期だけだし

 

草も選んで

 

新鮮そうなの咥えます(^^;

 

上記の3つに当てはまるとも思えないし

 

たぶんおいしいのかなって思います

 

 

 

 

で、

草は食べても平気?

 

 

う〜ん、これ難しいですが

食べさせない方が無難です

 



食べても大丈夫な草もありますが、

 

食べると毒になる草もあります

 

見極めが難しい

 

だから私は一度食べたことがあって

 

とくに異常がなかったものは

 

見守ることもあります

 

 


でも、

 

殺虫剤や除草剤がかかっている場合もある為

 

大変危険です

 

だから


食べさせないのが無難かなって思います

 

 

 




草を食べる時の対処法

 


1.原因を取り除く

 


^澆琉枉錣両豺


抜け毛の時期は

 

まめにブラッシングをし

 

出来る限り毛を飲み込まないようにし

 

おやつの食べすぎにも注意する

 


また、草の代わりに

 

食物繊維の豊富な野菜

 

サツマイモ、カボチャ、レタス

 

などを細かくし

 

食事に混ぜて与えると

 

毛玉を排出しやすく胸焼けの予防にもつながります

 

 

 

 

 



⊃事不足の場合


避妊・去勢手術後のワンちゃんは

 

食欲が増えることがあり

 

通常の量だと空腹感を覚える場合があります


避妊・去勢手術後の犬のサポート食

(例:ロイヤルカナン・ニュータードケア)

 

を与えると、食物繊維が多く満腹感を与えることが出来ます

 

散歩の時に

 

空腹感を与えないように

 

散歩前に食事を与えてしまうのもおススメ

 

ただし、その場合は

 

食後すぐに動くと

 

胃に負担がかかったり

 

胃捻転になる可能性もあるので

 

2時間くらいは食休みをしてから

 

お散歩に出発するようにして下さい

 

 

 

 


心の問題


ストレスを感じている原因を考えてあげましょう


まずは、散歩や遊びなど、

 

飼主さんと接する時間を増やして様子をみましょう

 


その他の心の問題は

 

丁寧に考えていく必要がありますので

 

早めに専門家を呼んでいただくと良いと思います

 

 

 




2.食べさせないようにする

 

 


〜陲剖瓩鼎韻覆


草の生い茂った場所は

 

なるべく入らないようにしましょう


それでも草の生えている場所を通る時は

 

ワンちゃんの口が地面に届かない程度

 

リードを短く持って歩きましょう

 

 



∩陲茲蠅發いしいものを持参しよう


,鮃圓い覆ら

 

リードでグイグイ引っ張るのは

 

首や体に負担がかかりますので

 

ワンちゃんが自発的に

 

草に行かないように

 

 

頭が上がっているときに

 

飼主さんから

 

おいしいものを与えましょう


こうすることにより

 

草を食べようとするより

 

飼主さんの方に意識が集中します

 

 

 

 


慣れてきたら

 

名前を呼び

 

飼主さんの方を見たら

 

言葉で少し褒めてから

 

おいしいものをあげましょう。

 


飼主さんの言葉によって

 

草を食べることを予防できます


ただし、おいしい物の与えすぎは注意が必要ですので

 

一日の食事量の10パーセント以内にしましょう

















@横浜しつけ教室 子犬のしつけ方 犬のしつけ 草を食べる パピー教室 兵藤動物病院
 

| 犬の習性 | 19:42 | - | - | - | - |

そっぽを向かれる時

 

 

愛犬の顔をなでようと

 

手や体を近づけた時に

 

プイッと別の方向を向かれることはないですか?

 

 

 

 


おもむろにというよりかは

 

自然にフッと顔の向きが変わるという感じで

 

 

 

 



その一瞬の動作は意識しなければ

 

見逃してしまいます

 

 



その意味はもちろん

 

その時々により異なりますが

 

嫌だな・・触らないで

 

というメッセージもあります

 

 

 



もしも避けたいというメッセージならば

 

撫でられたくない時に

 

撫でようとしているのかもしれません

 

 



よくある例をあげると

 

来客が愛犬を撫でようとした時

 

散歩中にあった人が頭を撫でようとした時

 

子供が触ろうとした時

 

飼主さんがぎゅーっとしようとした時

 

 

 

 

スッと避けるしぐさはないですか?

 

ちょっと観察してみて下さい(^^)

 

 

 

 

多少、ワンちゃんが嫌だな〜と思っても

 

受け入れてくれることも大事ですが

 

その愛犬の気持ちを飼主さんが

 

知っているのか

 

知らないのか

 

それは大きく変わってきます

 

 

 

 

私は散歩中話しかけてくれた人が

 

私の愛犬を触ろうとしたとき

 

愛犬達の様子を確認して

 

うん・・今は大丈夫・・

 

あっもう止めた方がいいな・・

 

という判断をするようにしています(^^)

 

 

 

 

撫でるのをやめて欲しい時は

 

もう撫でないで下さい

 

 

 

 

なんて言いづらいので(^^;

 

 

 

笑顔で

 

ありがとうございます

 

といいながら

 

さらッと立ち去る姿勢に入る

 

あるいは、自分の愛犬の名前を呼んで

 

私のそばに呼び寄せます

 

 

 

 

とくに外では

 

愛犬達はリードに繋がれていますので

 

嫌でも逃げたくても逃げられない

 

なので

 

過度にストレスがかからないように

 

愛犬達の気持ちを

 

確認するようにしています

 

 

 

 

嫌だな・・っていうしぐさ

 

出ている時は

 

どんな時か

 

観察してみてはいかがでしょう(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

@横浜しつけ教室 パピー教室 兵藤動物病院 しつけ方 子犬のしつけ方

 

 

 

 

 

 


 

| 犬の気持ち | 11:10 | - | - | - | - |

動物病院での診察ってこんな気持ちかも!?

 

この時期、狂犬病予防注射の接種や

 

フィラリアの検査で動物病院に行きます

 

 

で、診察台にのせられて

 

動かないように抑えられて

 

注射をうったり

 

採血するのって

 

どんな感じなのか

 

 

 

注射されるのは

 

法律で決まっていて

 

採血されるのは

 

毎日健康で生きるため

 

 

だなんて、知らないから

 

何するんだろう

 

怖い

 

ってプルプル震えたり

 

固まったり

 

怒ったり

 

暴れたりするかもしれない

 

 

 

 

 

 

これを人で例えるとどんな感じだろう

 

まず、診察台にのせられるだけで怖い

 

小型犬の場合

 

台の高さは3倍以上はあるから

 

人だとこんな感じかな・・・

 

 

 

 

建物2階くらいの高さにのせられる

 

それだけで震えそう(^^;

 

怖いですね

 

しかも柵もなにもないから

 

飼主さんにしがみつきたくなるかもしれない

 

 

 

 

 

 

 

 

注射や採血ってどんなかな

 

見慣れない道具を

 

体につけられる

 

チクッとちょっと痛い

 

抑えられて逃げられない

 

どこかの民族の

 

何それっていう道具を

 

いきなり使われる

 

しかも、チクッと痛い

 

でも逃げられない

 

 

あっこれはかなり怖い(^^;

 

 

 

 

 

こんな気持ちで診察を受けているのかもしれない

 

 

そしたら、怖がって動いたとしても

 

暴れたとしても

 

怒らず、怒鳴らず

 

落ちないようにしっかり支えつつ

 

優しく声をかけてあげたい

 

 

 

診察が終わったら

 

沢山褒めてあげたい

 

大好きなおやつをあげてあげたい

 

 

 

 

 

そんな気持ちになります(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

@横浜しつけ教室 子犬のしつけ方 パピー教室 兵藤動物病院 狂犬病

| 犬の気持ち | 11:19 | - | - | - | - |

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
PR
New entries
Archives
Categories
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM