<< 私の啓発活動 | main | 横浜しつけ教室夏のゲーム大会♪ >>

自分が上だと思っている は勘違い!

 

 

愛犬が

 

何か困った行動をすると

 

 

 

『自分(犬)が上だと思っている』と

 

 

飼主さんは解釈することが多い

 

 

 

 

 

ハッキリ言ってしまいます

 

それ違うんです

 

 

 

 

言うこと聞かないのは

 

上だと思っているから

 

 

困った行動をするのは

 

上だと思っているから

 

 

 

 

 

そう解釈すると

 

どうやって飼主さんは

 

では

 

犬の上になろうとするでしょうか

 

 

 

 

そもそも

 

上って何でしょう

 

どういうのを上って思うでしょう

 

 

 

 

きっと多くの人が

 

服従させるとか

 

強く叱るとか

 

犬に圧をかけることを

 

しようとする

 

もしくは

 

それをする必要があると

 

思うでしょう

 

 

 

 

 

 

 

もしそれで

 

困った問題が解決すれば

 

飼主が上になったと思う

 

 

 

 

そうすると

 

ことあるごとに

 

服従させようと

 

するでしょう

 

 

 

 

 

では

 

最初に戻ると

 

いったいなぜ

 

愛犬は

 

困った行動をしたのでしょう

 

 

いったいなぜ言うことを

 

聞かなかったのでしょう

 

 

 

 

そこには

 

ちゃんと原因があります

 

困った行動を起こした

 

理由

 

愛犬の気持ちがあります

 

 

 

 

それを置き去りにしたまま

 

すべて上だと思っているから

 

という解釈は

 

 

 

何も愛犬のことを

 

理解しないまま

 

強めの圧力で

 

行動を制御していく

 

 

 

 

それをずっとしていくと

 

愛犬は

 

無気力になっていく

 

 

攻撃性が増していく

 

 

 

 

 

無気力になっていく場合は

 

表情がなくなっていき

 

何をするにも

 

体を使って表現すること

 

行動することを

 

しなくなる

 

だから、

 

嬉しいとか

 

怖いとかそういう表現も

 

もともと持っている性格とか

 

良さがなくなってしまいます

 

 

 

 

 

 

反対に

 

攻撃性が増す場合は

 

飼主さんの事が

 

信頼できず

 

いつも警戒して

 

飼主さんが動くたびに

 

突然、とびかかることも

 

 

 

お互いの関係に

 

常に緊張感がある為

 

安らぐことが出来ません

 

ようするに

 

自らの防衛本能で

 

攻撃性が増してしまうということです

 

 

 

 

 

 

だから

 

私が伝えたいことは

 

全部

 

犬が上だと思っているから

 

じゃなくて

 

 

 

 

 

ちゃんと

 

そうなった原因があって

 

気持ちがあって

 

それをまず解明することが

 

その困った行動を改善する

 

近道になります

 

 

 

そして

 

より愛犬のことを

 

知るキッカケになります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

@横浜しつけ教室 パピー教室 子犬のしつけ方 兵藤動物病院 甘がみトイレの失敗

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 犬の気持ち | 00:41 | - | - | - | - |

スポンサーサイト

| - | 00:41 | - | - | - | - |

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
PR
New entries
Archives
Categories
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM