<< 子犬がお留守番上手になるために | main | 濃厚とんこつ犬とあっさり塩犬 >>

子犬がお留守番上手になるために

 

昨日の続き

 

子犬がお留守番上手になるには

 

 

今日は

 

快適な環境と留守番前の準備について

 

 

 

 

 

 

出来れば一部屋フリーでお留守番できるのが理想ですが

 

トイレを覚えるまではそれは難しいと思いますので

 

子犬用の留守番スペースを用意しましょう

 

 

 

 

 

 

一番よく売られているサークル90×60のサイズで

 

お留守番させる方が多いですが

 

長時間の留守番はできれば

 

小型の子犬の場倍、最低その2倍の大きさを用意してあげたいもの

 

 

 

 

 

その中に

 

トイレ、お水、寝床があり、ある程度動けるスペースがあるのが理想

 

 

 

寝床は、子犬が安心して休めるケージやクレートに

 

ベッドを敷き、出入りが自由にできるようにしておく

 

扉は外すか開けて固定しておく

 

 

 

 

お水はよくあるサークルに取り付けて

 

舐めれば出てくるタイプだけだと

 

少しずつしか出ないので、お皿にも用意してあげましょう

 

ひっくり返さないように重さのあるお皿や

 

サークルに装着するタイプがおススメ

 

 

 

 

 

それから、子犬が退屈にならないように

 

一人で遊べる用のフードの詰められるオモチャ(コング)や

 

噛むオモチャを5個以上は用意

 

 

 

 

 

 

留守中、窓の外に通った人に吠え場合は

 

カーテンを閉めて外を見えにくくする

 

物音に反応して吠えやすい子は

 

ラジオやテレビをつけておくと吠えにくくなります

 

 

 

 

さみしくて吠える子も

 

音がしている方が落ち着く場合があります

 

暗いのが苦手な場合は照明をつけておきましょう

 

 

 

 

 

 

また、出かける1時間前までに

 

たっぷりお散歩に行ったり

 

遊んであげると疲れてリラックスモードになりやすくなります

 

ただし直前に遊ぶと

 

興奮状態でお別れすることになるので

 

吠えたり不安感をあおることになります

 

 

 

たっぷり遊んで、休憩しワンちゃんがリラックス状態になったタイミングで

 

外出するのがおススメです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

@横浜しつけ教室 子犬のしつけ方 兵藤動物病院パピー教室

| 留守番 | 12:17 | - | - | - | - |

スポンサーサイト

| - | 12:17 | - | - | - | - |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
PR
New entries
Archives
Categories
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM