<< 子犬が健康でいる為に大事なこと | main | 子犬の食フン対応の基本 >>

すごいリスクのある方法で無理させてませんか?

 

 

洪水・暴露法(フラッディング法)

 

他の犬が苦手なワンちゃんをドッグランに入れる

 

あるいは、散歩中他の犬に合った時に、怖がっている状態で、挨拶しなさい!と無理やり近づける

 

知らない人がとても怖いワンちゃんに、散歩中話しかけてきた知らない人を無理やり近づけて触らせてしまう

 

 

 

これをやっている飼主さんいませんか?

 

 

これ、洪水法(フラッディング法)っていう学習方法です

 

ようするに・・・

 

不安や恐怖を感じる場面に最初から長時間直面させ

 

恐れるようなことは何も起きない。と学習させる方法

 

 

 

強いストレス状況にいきなり曝す技法

 

非常に激しい恐怖と不快を経験するため

 

恐怖がさらに強まってリスクの方が高い

 

非常に副作用が強い方法!

 

 

 

 

 

でも、ドッグランに長時間いるならわかるけど

 

散歩中に会った犬や人に接触させるなんて

 

少しの時間だから平気じゃないの?

 

と思うかもしれませんが

 

 

 

 

この方法を使うなら、

 

犬が疲れ切って身体的に恐怖の反応が出なくなる時点まで待つこと

 

が大事

 

 

 

 

途中でやめれば恐怖から逃げることを学習し

 

恐怖心は消えない

 

もしくはさらに高まる

 

 

 

 

そして、やりすぎてしまうと

 

自傷行為を引き起こしたり

 

無気力になる可能性が高くなります

 

 

 

ここまで書いてもすごいリスクがありますね

 

 

 

 

 

 

ちょっとピンとこない方は人に例えるとこんな感じ

 

 

潔癖の人に汚水をかける

 

閉所恐怖症の人に狭い場所に閉じ込める

 

 

 

まだ、ピンとこない方は

 

ご自身の怖いものを思い浮かげて下さい

 

私なら・・ゴキブリとかセミかな

 

で、部屋中にセミやゴキブリが大量にいるなかに

 

逃げられない状態で居続ける

 

みたいな感じです・・・

 

 

 

うぅ・・・想像しただけで・・クラクラします・・

 

 

 

 

恐怖の反応がなくなるかといえば・・・

 

なくならないと思います

 

 

で、もしこの方法を使うなら

 

専門家の指導の下行う必要があります

 

 

 

では、犬が怖い、人が怖いワンちゃんはどうしたらいいのか

 

恐怖反応が見受けられない状態で

 

少しずつ慣らせていくのが得策です

 

 

 

他の犬が遠くで見えた段階で

(恐怖反応が出ていない状態で)

 

ご褒美など、恐怖とは反対の嬉しいこと大好きなものが

 

貰えると学習させ、少しずつ印象を変えていく方法です

 

(系統的脱感作と拮抗条件付け)

 

 

こちらも、恐怖の反応が出ていない段階で

 

恐怖よりも上回るご褒美を使って

 

反応を見て行う必要がありますので

 

専門家の指導の下行う必要があります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

@横浜しつけ教室 子犬のしつけ方 兵藤動物病院 パピー教室

| 学習理論 | 13:15 | - | - | - | - |

スポンサーサイト

| - | 13:15 | - | - | - | - |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
PR
New entries
Archives
Categories
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM