<< あぁ・・犬も勘違い | main | 他人事じゃない!愛犬が殺人ウィルスを持ってくる! >>

食べ物を使って言うことを聞くのはいけないの?

 

 

 

私の指導は食べ物を使ってワンちゃんに教えることが多いです

 

で、飼い主さんが上手にワンちゃんに教えているので

 

飼主さんを褒めると、

 

”食べ物欲しさに言うこと聞いてるだけですから・・”

 

とおっしゃることがあります(^^)

 

 

 

 

なるほど、

 

言い換えると、飼い主の言うことを聞いているのではなく、食べ物があるから。

 

と思っているのだと思います

 

そうですね。きっとそう思う方もいますね

 

 

 

では、それが良くないことなのか?

 

 

 

そんなことないのです(^^)

 

 

 

食べ物を使っているのは、

 

・ワンちゃんのやる気を引き出すため

・わかりやすく教えるため

 

 

 

では、食べ物がなくても言うことを聞くようになるのか?

 

 

例えばオスワリを教える場合

 

大抵の方が、食べ物を摘まんで、ばっちりワンちゃんに見せて、オスワリ!っと言います

 

もちろん、これでオスワリは覚えると思いますが、

 

 

 

食べ物を摘まんだら=オスワリ

 

と、ワンちゃんが認識していると

 

”オスワリ!”の言葉よりも”食べ物を摘まむ”ということの方がインパクトが強く

 

”オスワリ!”の言葉だけでは座ってくれない可能性があります

 

 

 

ようするに、こうなると食べ物がないとオスワリしない。という現象が起こりやすくなります

 

 

 

 

なので、最初にオスワリを教える段階で、食べ物は摘ままずにグーにして握ります

 

握ると、中に食べ物が入っているのか、入っていないのか、摘まむよりもわかりにくくなります

 

そうすると、食べ物がない状態でもグーの手に反応してオスワリしやすくなります

 

 

 

そして、オスワリの手の合図、言葉の合図を教え、食べ物を与える回数や方法も変えていきます

 

で、最終的に日常生活にオスワリを活用していきます

 

 

 

 

オスワリさせる→首輪をつける→散歩に出る

 

こうすると、食べ物がなくても、散歩に出るということがワンちゃんにとって食べ物に変わる嬉しいこと!(ご褒美)につながります

 

ということは、散歩が嫌いなワンちゃんには有効ではありません(^^;

 

 

ようするに、ワンちゃんが喜ぶことの前にオスワリを活用すると、食べ物がなくてもオスワリをしてくれる。ということです。

 

 

 

 

 

ですので、多くの飼主さんが思う、飼い主さん自身の言うことを聞く。ようにするには、

 

 

飼い主さんに撫でられる とか

 

飼い主さんに褒められる、が

 

ワンちゃんにとって嬉しいこと!にしておく必要があります(^^)

 

 

 

飼主さんにオスワリって言われて、座ると、食べ物をもらえる以外にも、日常生活でいいことい〜っぱい!っとワンちゃんに思ってもらえることがポイントです☆

 

 

 

 

 

 

 

@横浜しつけ教室 子犬のしつけ方

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 犬のしつけ | 16:52 | - | - | - | - |

スポンサーサイト

| - | 16:52 | - | - | - | - |

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
PR
New entries
Archives
Categories
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM