<< 口輪の装着の仕方(慣らせ方) | main | リードの持ち方の紹介 >>

ワンちゃんの学習理論 純化

 

今日はワンちゃんの学習理論、馴化についてお話します。

 

馴化とは、ある刺激が繰り返し与えられることにより、その刺激に対して鈍感になり、反応が徐々に見られなくなっていく現象のこと言います。

 

 

例えばインターホンの音に反応するワンちゃんにインターホンを慣らしても誰も来ない状況で、インターホンのみずっと鳴らす。

すると最初は反応しても誰も来ないし何の意味もないと学習すると、次第にインターホンに反応しなくなる。

これが馴化です。

 

馴化には2種類

・短期間に刺激が何度も繰り返されておこるもの

・長期間に刺激が何度も繰り返されておこるもの

 

短期間に刺激が何度も繰り返されておこるものは、

例えば先程のインターホンの音に反応するワンちゃんに、インターホンのみを10秒おきに1時間ずっと鳴らす。

すると早い段階でインターホンに反応しなくなります。

ただし、2時間何もせず経過し、インターホンを再度鳴らすと反応をします。

このように自発的に反応が復活することを自発的回復といいます。

 

自発的回復をしないようにするには、長期的に刺激が何度も繰り返される必要があります。

インターホンを鳴らすのを1時間に1回、1日1回というように広げると馴化するまでかなりの時間かかりますが、自発的回復をする可能性は低くなります。

 

他にも、吠えた時に音を出して驚かせて吠えるのを止めさせる方法をとった場合、その音に馴化してしまうと吠えやまなくなってしまいます。

※恐怖のような相当強い情動反応を引き出す刺激は馴化に向きません。

反対にワンちゃんにとって音の刺激が強すぎると吠えが酷くなる可能性があります。

この反応については鋭敏化の動画をご覧下さい。

 

 

 

 

 

@横浜 しつけ教室 学習理論

 

 

| 学習理論 | 18:21 | - | - | - | - |

スポンサーサイト

| - | 18:21 | - | - | - | - |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
PR
New entries
Archives
Categories
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM