<< お手入れ教室(シャンプーの仕方)開催のお知らせ | main | 無料セミナー 愛犬と備える防災講座 >>

ハウスの種類と特徴(クレートレッスン準備)






【ハウスのサイズ】
奥行き:ワンちゃんが伏せをしたとき、前足まで全て入る
高さ:歩いて入ることの出来る高さ
幅:クレーとの中で体が反転出来る幅

【ハウスの種類】
(1)プラスチッククレート
 扉と屋根が取れるタイプが多く、手入れがしやすい
 床とクレートの中が滑りやすいので、滑り止めのマットを敷くとよい
 通気性が悪く熱がこもりやすいので、暑がりな子は注意が必要
(2)ソフトクレート
 折りたたみ式が多く、軽くて持ち運びがしやすい
 齧ったり破壊する子には向かない
 一度でも破って出る習慣がつくと、ケージやクレートでも同じようにする可能性がある為、、目を放すときや長時間は入れない
(3)ケージ
 通気性がよく暑がりや足を舐め壊す犬に向いている
 奥側からもフードが与えられる、閉鎖的空間になりにくいので、怖がる子には慣らせやすい
 トレーを取り外していつも使っているベットを入れることも出来る
 扉が勝手に閉まらないようにヒモで止めておくと良い




 
| クレートトレーニング | 17:55 | - | - | - | - |

スポンサーサイト

| - | 17:55 | - | - | - | - |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
PR
New entries
Archives
Categories
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM