<< 子犬の食糞をなくす3つのポイント | main | 子犬を叱った時の副作用 >>

ワンちゃんの学習理論 古典的条件付け


今日はワンちゃんの学習理論、古典的条件付けについてお話します。

古典的条件付けとは、ものごとの間の結びつきを学習することです。



例えば、”散歩”というと喜んでワンちゃんがとんでくる。
これは、散歩と言った後に散歩に連れて行ってもらえるとワンちゃんが学習しているからです。

最初は何も意味を持たなかった”散歩”という言葉が、散歩に連れて行ってもらえた経験を繰り返すことによって、”散歩”と言われると散歩に連れて行ってもらえることを予測して喜ぶようになったということです。

インターホンがなると吠えるのも、インターホンがなると人がくる。と学習したからです。
インターホンがなったら即ご褒美を与える、これを上手に繰り返すと、インターホンが鳴る=飼主さんからご褒美がもらえると学習するので、玄関に向かって吠えるより飼主さんの近くに来てご褒美待ちをするようになります。







@横浜 しつけ 犬の学習理論 古典的条件付け
 
| 学習理論 | 16:48 | - | - | - | - |

スポンサーサイト

| - | 16:48 | - | - | - | - |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
PR
New entries
Archives
Categories
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM