<< ワンちゃんの学習理論 | main | 災害時に備えるクレートトレーニング >>

子犬の甘がみ、イタズラの防ぎ方!


今日は子犬の甘がみ、イタズラの防ぎ方についてお話します。

子犬は、好奇心が旺盛で周りにあるものはすべて口に咥えたり、かじって調べようとします。
子犬に咥えたりかじられたくないものは、届かない高さまで片付けておきましょう。
そして、同時にかじりたいという欲求も満たしてあげることが大切です。
かじってもよい、子犬専用のオモチャを用意しましょう。

子犬の甘がみ、イタズラの防ぎ方 ↓↓


子犬のおもちゃは大きく2つに分かれます。
飼主さんと一緒に遊ぶ用のオモチャと子犬がひとりで遊ぶオモチャです。

飼主さんと一緒に遊ぶオモチャはこのようなぬいぐるみやひも状のオモチャです。
普段は子犬の届かない場所にしまっておき、飼主さんと遊ぶ時に出しましょう。
置きっ放しにしているとすぐに飽きてしまったり、破壊したり、誤食の危険性があります。
遊び方については、引っ張りっこの動画をご覧下さい。

引っ張りっこ遊びの仕方↓↓


子犬がひとりで遊ぶオモチャは、フードが詰められるオモチャ、ガム類があります。
フードが詰められるオモチャは、誤食をしないように、なるべく大きめのものを用意しましょう。
はじめて与える時は、見ているところで与え破壊や誤食をしないか確認して下さい。
フードの詰め方は、コングの詰め方の動画をご覧下さい。

コングの詰め方↓↓


ガム類は、丸呑みを防ぐ為に喉の奥から口先までの長さの倍以上あるものを選びましょう。
かじる力の弱い子犬は半分をお湯につけてふやかしてかじりやすくします。

子犬がひとりで遊ぶオモチャは、5〜6個用意し、朝、昼、夕、夜、寝る前というように1個ずつ与えて交換します。
子犬は飽きやすいので、常に新しいものと交換すると夢中で遊ぶようになります。
長いお留守番をさせる場合は、5〜6個与えて退屈にしないようにしましょう。

このように、飼主さんと遊ぶ時間と、ひとりで遊ぶ時間にしっかり咬みたい欲求を満たしてあげると、子犬のあごは適度に疲れ、甘がみやイタズラの問題が減ります。

甘がみやイタズラは叱るのではなく、まずはかじりたい欲求を満たしてあげることが大切です。














@横浜 子犬 しつけ教室 甘がみ イタズラ
| 甘噛み | 18:13 | - | - | - | - |

スポンサーサイト

| - | 18:13 | - | - | - | - |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
PR
New entries
Archives
Categories
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM