<< 子犬との遊び方(引っ張りっこ遊びの方法) | main | お手入れ教室(シャンプーの仕方) >>

犬のオモチャ コングの詰め方


今日はフードの詰められるオモチャ、”コング”の詰め方についてお話します。

コングを上手に活用すると、子犬の甘がみやイタズラを防いだり、お留守番の退屈しのぎになります。

コングを購入する時は、ワンちゃんにあった硬さと大きさを選びましょう。
小型犬でも誤食を防ぐ為に、なるべく大きめがおすすめです。

コングの詰め方の動画はこちら↓↓


まずフードの用意をします。
一つは、ポロポロしたタイプのフード、例えばドッグフードやオヤツです。
もう一つは、ベトッとしたフード、例えば熱湯で粘土状にしたドッグフードや、コング専用のチューブです。

初めてコングを使う時は、ワンちゃんが好むオヤツやニオイが強いものを詰めると夢中になりやすいです。

奥の方はワンちゃんの舌が届かないので、ポロポロしたものにします。
その上に、ベトッとした粘土状のフードか、チューブを入れます。

そして、その上にサンドするようにまたポロポロのものを詰めて、ベトベトとコロコロを交互に入れます。
詰める圧力をギュウギュウにすると、出すのが難しくなり、緩めると出しやすくなります。
ワンちゃんによってはすぐに諦めてしまう子もいれば、最後まで夢中になる子もいますので、それぞれのワンちゃんの様子を見て詰め方を変えましょう。

子犬の場合は、このコングを何個も作って与えるとアゴが疲れて、甘がみやイタズラの問題を減らすことが出来ます。
毎日日替わりでいろんなオヤツやフードを詰めると、お留守番の時間を楽しく演出することが出来ます。













@横浜 子犬 しつけ教室 コングの使い方
 
| 留守番 | 12:26 | - | - | - | - |

スポンサーサイト

| - | 12:26 | - | - | - | - |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
PR
New entries
Archives
Categories
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM