<< パピーレッスン | main | 出発とゆがんだ終点 >>

大型犬のお散歩レッスン









ウルフドッグのモモちゃんとホワイトシェパードの太郎くんのレッスンです。

この2頭はまだ1歳未満の子犬ですが、この大きさです(^^;

力も強いですし、甘咬みが甘くありません・・・。

私は、大型犬を飼っている飼い主さんには、少々厳しいことを申し上げます。

小型犬が飛びついたり、突然引っ張ったり、多少咬んだりしても、大きな事故やケガには発展しにくいですが、大型犬の場合は、そうはいきません。

犬自身の安全は勿論ですが、飼い主さんが終生飼う上で、この大きな犬を安全にコントロールしながら生活していく必要があります。

ですから、子犬の頃から起こりうる問題を想定しながら、予防に努めることが大切になります。

更に、この2頭のレッスンで難しいのが、同じトレーニング方法が通用しないという点・・・。

上から1・2枚目の写真のウルフドッグのモモちゃんは、オオカミと犬をかけあわせて出来た犬種です。
しかも、オオカミの血の割合がほとんどという血統の持ち主(^^;
ドッグトレーニングの理論で学習させることが、とても難しいと実感しています。

一方、ホワイトシェパードの太郎くんは、飼い主さんが出した合図の意味を、教えればすぐに理解することが出来ます。

又、学習方法だけでなく、2頭の好奇心と警戒心に大きな差が出て来ましたので、その性格に配慮しながら扱うのは簡単なことではありません。

それでも、2頭一緒にお散歩する。という目標をかかげて、前回トライしてみました!

小型犬を飼われている飼い主さんには、2頭同時にお散歩するなんて、そんなに大変なことではないかもしれませんが、すごく大変なことなんです。

お母様がモモちゃん、私と娘さんが太郎君を持って出発!

最初は暴れ馬のようになる太郎くん・・それでも諦めずどの位置にいれば、太郎くんが安全で落ち着いて歩けるのか、全員がペースを合わせて、歩き続け、最後はリードが緩んだ状態で、穏やかに帰って来ることができ、

オオカミと犬を引き連れて、女子3人、頑張りましたね!(^^)なんて笑い話になりました。
 
難しい状況の中で、厳しいことを申し上げることもありますが、それでも頑張って努力して下さる飼い主のYさんに、私は心から、感謝しています。

これからも、頑張りましょうね♪

| 犬種のこと | 19:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

| - | 19:02 | - | - | - | - |
Comment









Trackback
url: http://happydoglife.jugem.jp/trackback/309

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
PR
New entries
Archives
Categories
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM