<< 犬を怒らせる犬 | main | 疲れている時はお休みを >>

『前の子は・・』


この仕事をしていると、『前の子は・・』という言葉をよく耳にします。

”前の子”というのは、亡くなった先代の愛犬のことを言うのですが、思い出を語る時に出る方もいれば、今の愛犬と比べる時に頻繁にこの言葉が出る方もいます。

今の愛犬と比べる時に頻繁にこの言葉が出ていると感じたら、私は飼い主さんに前の愛犬との生活をお話頂く様にしています。

前の愛犬との死別を体験し、その悲しみの中で、もう一度犬との生活を楽しみたいと願い、新しい犬を迎え入れるのですが、その新しい愛犬との生活が、自分の思い描いていた生活とは違うと、『前の子は・・・』と出てしまうのだと思います。

『前の子』というフィルターを通して今の愛犬を見ている状態です。

そして、そのフィルターなしに今は見れないのだと。私は感じています。

それほど、前の犬を愛し、とても素晴らしく心のつながりを感じる関係だったのだと思います。

きっと十数年という長い時間をかけて、その心のつながりをつくってきたのでしょう。

それを、すぐに切り替えることは難しいことでもあり、時間が必要なのだと私は思います。

だからこそ、飼い主さんから前の子のお話が出た時は、ゆっくりお話を伺います。

どんな子で、どんな生活をして、どんなに素晴らしかったのか。

どうぞ、私でよければ、何度でもお話下さい。

あなたの心に必要なだけ、ゆっくり時間をかけませんか(^^)






| ペットロス | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

| - | 23:27 | - | - | - | - |
Comment









Trackback
url: http://happydoglife.jugem.jp/trackback/245

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
PR
New entries
Archives
Categories
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM