<< 危険!危険! | main | もし、甘噛みされたら? >>

甘噛みを防ぐには。

 

甘噛みを防ぐには。

甘噛みは子犬の成長過程にかかせないもの。
物をかじったり、遊び相手を甘噛みするのは自然な行動ですが、何も教えずにいると、将来傷を負わせてしまう程噛むようになったり、大きなトラブルを起こす危険があります。

子犬を飼われている飼い主さん、今がチャンスですよ(^^)

まずは、甘噛みを防ぐ環境設定からはじめてみませんか?

〇匕い慮亀い鰺靴鵑波散。
1日にたくさん遊んであげる時間をつくって疲れさせれば、噛みたい欲求を減らすことが出来ます。
又、遊んで飼い主さんとコミュニケーションをとることはとても大切です。

噛むおもちゃを与える。
子犬のうちは歯が生え換わる為、ムズムズしていて、噛む欲求が強いので壊れにくいおもちゃをたくさん与えて、欲求を満たしてあげましょう。子犬は飽きっぽいので、何度も取り替えてあげるのがポイントです。

J劼鼎韻討く。
子犬は何でも口に入れたがるので、かじられて困るものは片づけておき、動かせない家具などは、ビターアップル(舐めても無害な苦み成分スプレー)を吹きかけておくと効果的です。時々ビターアップルが好きなワンちゃん、気にしないワンちゃんもいますので、その場合、噛まれないようにワンちゃんの自由に出来る範囲を変えてあげるとよいと思います。


明日は、甘噛みされた時の対処法(^^)☆
| 甘噛み | 23:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

| - | 23:44 | - | - | - | - |
Comment









Trackback
url: http://happydoglife.jugem.jp/trackback/23

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
PR
New entries
Archives
Categories
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM