ドッグカフェでしない方がいいこと!

 

 

愛犬と一緒に食事やお茶を楽しめるドッグカフェ

 

 

愛犬用のメニューがあったり

 

他の飼主さんとお話をしたり

 

 

 

愛犬家にとっては

 

とても魅力的な場所

 

 

 

 

 

でも

 

 

 

それやると危ないな〜

 

 

な〜んて思うことがあります

 

 

 

なので

 

 

今日はそんなことを紹介

 

 

 

 

 

まず

 

リードを放してしまう

 

建物の中だけど

 

リードを放してしまうのは

 

危ない

 

カフェの扉が開いたら外ですし

 

他のワンちゃんが苦手なワンちゃんも

 

いますから

 

自分のワンちゃんのリードは

 

ちゃんと持ちましょう

 

 

 

 

ただ

 

リードを持ったとしても

 

リードが長いと危ない

 

出来れば

 

ご自身が座っているお席

 

からはなれないくらいに

 

リードの長さで

 

リードを足で踏んでおくか

 

手に持っておくのがおススメ

 

 

 

 

通路にバーッとワンちゃんが出てしまうと

 

そこを通過する店員さんや

 

 

他のお客さんやワンちゃんと接触してしまいます

 

 

 

あっ

 

リードを足で踏んでも、リードの先は

 

必ず手に持っておくように

 

 

 

 

なので

 

テーブルや

 

椅子に

 

リードをグルグル巻きにしておくのも

 

危ない

 

 

 

ワンちゃんが大きかったり

 

引っ張る力が強いと

 

椅子やテーブルが

 

引っ張られてしまう

 

そして

 

 

ワンちゃんが動くタイプだと

 

グルグル巻きにしたリードに

 

更に

 

自分が動いて

 

グルグル巻きになって

 

足とか引っかかって

 

身動き取れなくなってしまう

 

 

 

 

 

なので

 

片手でリードを持っておいた方がいいので

 

この

 

フレキシブルリード

 

 

 

 

はお勧めできない

 

これを片手に持って

 

食事やお茶・・しにくい(^^;

 

 

あと、

 

持ち手の部分が重いから

 

ちゃんと持っていないと

 

落としたときガタンッとなって

 

ワンちゃんがびっくりしちゃいます

 

 

 

 

 

あと

 

マナー的なことだけど

 

 

これはたぶん

 

カフェによってマナーは違うのかなって思いますが

 

 

 

 

やっぱり

 

テーブルの上に足をのせるとか

 

自分の食べ物を与えるとか

 

 

 

ん〜

 

あと

 

場所によっては

 

抱っこしたまま食事するとか

 

椅子にのせて食事するとか

 

 

OKなとこも増えてるから

 

そこは微妙だけど

 

 

 

人用のレストランに

 

テラスだけワンちゃんOKってとこは

 

マナーは特に気を付けておきたいですね

 

 

 

 

それから

 

時々見るのが

 

ペットシーツを床に敷いておく方

 

 

 

一応

 

食事するところだから

 

ペットシーツ敷いておくのは

 

うぅ〜ん(^^;

 

 

 

 

 

 

 

あとは

 

ワンちゃんの配慮として

 

まだカフェデビューに慣れてない

 

ワンちゃんや

 

新しい場所に緊張しがちなワンちゃん

 

 

そして


知らない人や犬が苦手なワンちゃんは

 

最初から長いせず

 

短い時間にしてあげて下さいね(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

@横浜しつけ教室 パピー教室 子犬のしつけ方 ドッグカフェマナー 兵藤動物病院

| 犬とお出かけ | 21:04 | - | - | - | - |

3本だと危険です!

 

お散歩に行く前

 

ワンちゃんに胴輪や首輪をしたら

 

指を入れてみて下さい

 

 

 

何本入りました?

 

 

 

3本入ってしまったら

 

 

 

 

ゆるいです

 

 

ゆるゆるです

 

 

すっぽり抜けてしまいます

 

 

気を付けてー!!!!

 

 

 

 

 

 

 

とくに

 

この時期

 

毛が抜ける犬種は

 

ごっそり抜けるから

 

ちょっとボリューム減って

 

気づかないうちに

 

すごくゆるくなっていたりします

 

 

 

 

 

それからそれから

 

 

サイズをぴったりしていたつもりでも

 

 

ワンちゃんが引っ張ったり

 

使っているうちに

 

止まっている部分が

 

少しずつずれて

 

ゆるくなることもあります

 

 

 

 

 

道路ですっぽりぬけちゃうと

 

あぶないので

 

 

首輪や胴輪を装着した時に

 

ついでに

 

指をスッと入れる

 

習慣付けるといいですね

 

 

 

 

指の太い方は

 

ワンちゃんの頭が小さいと

 

指2本でも

 

ぬけちゃうので

 

気を付けて下さいね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

@横浜しつけ教室 パピー教室 子犬のしつけ方 兵藤動物病院

 

 

| 犬とお出かけ | 21:33 | - | - | - | - |

公園でリードつけないでドッグランでリードつけるなぞの行動

 

今日、ドッグランに行きました

 

昨日は午前中雨で

 

ゆっくりたっぷりお散歩が

 

出来なかったので

 

今日はランで

 

思いっきり自由タイム

 

 

 

天気もよくて

 

とても気持ちよさそうに走っていました

 

 

 

 

このドッグランでは決まりがあって

 

ドッグランに他のワンちゃんが

 

入ってくる際

 

一度リードをつなぎ

 

お互いリード付きの状態で

 

相性を確認したうえで

 

リードを放します

 

 

 

 

リードを付けない方が

 

緊張を与えず

 

スムーズに関係を築けることもありますが

 

 

 

トラブルが起きないためには

 

良い決まりだと思います

 

 

 

 

 

 

 

撫でてもらって

 

とってもご機嫌のルル

 

もっともっとと

 

もうすぐゴロンしそうです(^^;

 

 

すごい体勢・・

 

 

 

きょうちゃんも

 

思いっきり入って

 

もう満足そう・・

 

 

 

日陰で気持ちよさそうに

 

休んでました

 

 

 

 

 

ドッグランを出てる時

 

不思議な光景が・・

 

 

 

 

このドッグランがある公園は

 

とても広いのですが

 

 

 

もちろん公園内はリード付きが決まりです

 

だから放してもよいドッグランがあるわけで・・

 

 

 

 

遠くの方から

 

他の犬と飼主さんが歩いてきました

 

 

 

 

よく見ると

 

リードがついていない・・

 

 

 

 

 

飼主さんから

 

数メートル先にワンちゃんがいて

 

トコトコと

 

ドッグランに向かって歩いてきます

 

 

 

 

 

 

 

あ〜リードがついていないなぁ

 

と思って

 

私はドッグランを出て公園を歩いていましたので

 

そのワンちゃんがこちらに走ってこないことを

 

願いつつ様子を見ていました

 

 

 

 

 

 

 

 

ドッグランにワンちゃんと飼主さんがついたら

 

そこでリードしていました・・

 

 

 

ドッグランに入る時は

 

一度リードをつけるという決まりを守って

 

でしょうが・・

 

 

 

 

そこはルール守るんかい!

 

と笑ってしまいました(^^;

 

 

 

 

 

 

では最後は

 

ドッグランで

 

休憩中のきょうちゃんの写真

 

 

 

 

笑・・

 

よだれ・・だら〜〜ん・・

 

 

 

帰りの車はグーグー寝てました♪

 

 

走らせる場所があるっていいですね☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

@横浜しつけ教室 ドッグラン 兵藤動物病院 パピー教室 しつけ方 子犬のしつけ方

 

| 犬とお出かけ | 16:50 | - | - | - | - |

犬は一緒に出かけても喜ばないよね

 

 

 

以前、友人に言われたこと

 

『犬って一緒に出掛けても喜ばないよね』

 

 

 

 

ん〜〜?

 

っと思ったのですが

 

この言葉から色々と分析してみましょう

 

 

 

 

 

 

犬は一緒に出掛けても喜ばないのか?

 

 

 

 

 

まず、友人は一緒に出掛けて

 

犬が喜んでいないと思ったのでしょう

 

 

 

 

 

実際に

 

喜んでいたのか

 

いなかったのか

 

はわかりませんが

 

友人が見た印象は

 

喜んでいるようには見えなかった

 

ということですね

 

 

 

 

 

 

では、

 

喜ばなかった原因は何でしょう?

 

一緒に出掛けたとは

 

どこに行ったのでしょう

 

 

 

 

 

 

 

例えば

 

知らない場所や

 

知らない人に

 

対して緊張や警戒心が強いワンちゃんは

 

人が多い

 

ショッピングや

 

カフェなどに行っても

 

緊張しているかもしれません

 

 

 

 

 

 

反対に

 

散歩は好きで

 

広い公園とか自然を散策することや

 

おもいっきり走ることが

 

好きなら

 

ドッグランに行くとか

 

大きな公園をお散歩するとか

 

そういった場所に行けば

 

楽しそうにするかもしれません

 

 

 

 

 

 

 

と、言うことは

 

一緒に出掛けても喜ばない

 

のではなく

 

 

 

 

 

喜ぶところに行かなかった

 

 

今まで一緒にでかけて

 

楽しい経験をしていないので

 

戸惑っていたのか

 

 

 

 

 

もしくは

 

車酔いをするとか

 

出掛ける=病院に行く等

 

苦手な他の要因がある

 

 

苦手な要因と関連付けられているのかもしれません

 

 

 

 

 

愛犬が一緒に出掛けて喜ぶには

 

喜ぶことを知っていること

 

 

 

そして

 

苦手なことを知っていること

 

 

 

なので

 

喜びそうなことや場所に行くこと

 

+苦手なことに慣らせておくこと

 

 

 

 

 

それを繰り返すことで

 

一緒にでかける=楽しいところに行く

 

ということがセットになります

 

 

 

すると、

 

出掛けること自体を喜ぶようになります

 

 

 

 

 

 

ゴールデンウィークが近づいています

 

みなさんや

 

みなさんのご家族が楽しめる場所に

 

行くのはもちろん

 

ワンちゃんが楽しめるところも

 

プランに入れたいですね(^^)♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

@横浜しつけ教室 パピー教室 兵藤動物病院 子犬のしつけ方 一緒にお出かけ

| 犬とお出かけ | 21:33 | - | - | - | - |

愛犬と旅行 教えて良かったしつけベスト3

 

先日、愛犬3頭を連れて

 

旅行に行ってきましたが

 

教えておいて良かったなぁ〜

 

と思ったしつけベスト3を

 

ご紹介

 

 

 

 

 

 

1位 クレート待機(ハウストレーニング)

 

まず、車の移動時は

 

クレートに入れておきましたので

 

クレートの中に入って休むことに

 

慣れていて良かったと思います

 

 

そして宿泊先で

 

食事に行くときは

 

お部屋でお留守番してもらうのですが

 

ホテルの決まりとして

 

お部屋でフリーはNG

 

備え付けの

 

サークルに入れるか

 

 

持ってきたハウス(クレート)にしまいます

 

 

そして、眠る時

 

ベッドにワンちゃんをのせるのはNG

 

だったので一緒に寝ることは出来ません

 

ですので、クレートの中で寝かせました

 

 

 

那須はまだ肌寒いくらいでしたので

 

カバーをかぶせてぐっすり就寝

 

いつも使っている自分のお部屋ですので

 

愛犬達も安心して寝てくれます

 

 

 

愛犬達にとって初めての場所で

 

留守番するのは不安になりますし

 

落ち着かず熟睡できないものです

 

普段からハウスを活用しておくことで

 

ここなら安心して過ごせるお部屋になり

 

旅行での不安やストレスを軽減することが出来ます

 

 

 

 

 

 

 

 

2位 おいで と 待って 

 

サービスエリアで休憩中

 

荷物を持ちながら

 

愛犬のリードを持っていた家族が

 

リードをスルッと放してしまいました

 

荷物を持っていたので

 

リードを持っていた感覚が薄れたのだと思います

 

 

 

 

トコトコと歩く愛犬・・

 

サービスエリアですから

 

すぐに車が通る道路に出てしまいます

 

 

 

放れる瞬間を私が見ていましたので

 

すぐに ルル!おいで!と呼び寄せました

 

はぁ〜い。とすぐに来てくれましたので

 

事故にあわずに済みました(^^;

 

呼んだらすぐ来るように教えておいて

 

本当に良かったです

 

 

まぁその・・リードをはなしてしまったのが

 

いけないのですが

 

そういうことって今後もあると思うんです

 

 

 

で、あと

 

ドッグランでの呼び戻し

 

自由に走り回っていますので

 

他の人や他のワンちゃんとの

 

トラブルにならないように

 

定期的に呼び寄せて管理をすることも大切

 

おいで〜で来てくれれば

 

走り回って捕まえなくてもいいですね

 

 

それと、待って

 

これは車から愛犬達を出す時に

 

特に活用できました

 

クレートに入っている愛犬達ですが

 

クレートの中ではリードを付けると

 

絡まってしまうと危険ですのでつけません

 

 

 

ですので、

 

クレートの扉を開けて愛犬が出てから

 

リードを付ける必要があります

 

 

 

でも、

 

車でどこかに到着すると

 

早くおりたい愛犬達

 

気持ちが高ぶっていますので

 

扉を開けたら出てきてしまうと

 

リードがついていないので危険です

 

 

 

しっかり

 

待って を聞いてくれたので

 

落ち着いてリードを付けることが出来ました

 

 

 

 

 

 

3位 合図で排泄させる

 

 

この写真は

 

ホテルのお部屋に置いてあったトイレに

 

合図によってオシッコしているところです

 

 

 

普段と違うトイレでも

 

合図をかけることで

 

ここでオシッコするのか・・と

 

理解してくれるので

 

お部屋にオシッコしてしまったり

 

マナーパッドをしなくても済みます

 

 

 

 

うちの合図は

 

1・2・1・2・・

 

教えてみたい方は

 

愛犬がオシッコする時に

 

呪文のように小さく合図を言います

 

で、

 

排泄出来たら

 

よく褒めて、3秒以内にご褒美を与えます

 

 

 

大きく声をかけてしまうと

 

え?なんですか?

 

と排泄が止まってしまいますので

 

最初は小さく、なんとな〜く言ってる感じで・・

 

で、気にせずできるようになったら

 

オシッコしたそうな時に

 

先に合図をかけてみます

 

そして排泄出来たら褒めてご褒美という順番です

 

 

 

 

 

今回の旅行は実家の犬も含めて

 

3頭と一緒だったので

 

賑やかでしたが、

 

クレート待機、おいで・待って、合図で排泄

 

教えておいて良かったな〜と改めて思いました☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

@横浜しつけ教室 兵藤動物病院 パピー教室 子犬のしつけ 愛犬と旅行

 

 

| 犬とお出かけ | 15:35 | - | - | - | - |

愛犬と旅行♪おススメ宿☆

 

愛犬達と那須へ旅行に行ってきました(^^)

 

天気も良く

 

愛犬達もルンルン♪

 

宿泊したホテルもとてもよかったです

 

 

 

宿泊したのはエピナール那須のテラス棟

 

 

池が目の前に広がっていて

 

テラスは全部で7部屋のみ

 

とても贅沢な空間です

 

 

 

 

お部屋はオートロックで

 

開ける時はこのカードみたいなのを

 

かざすだけで開きます

 

 

 

愛犬と一緒に出入りすると

 

お散歩バッグを持っていたり

 

抱っこをしていたりするので

 

ワンタッチで開くのはとても便利でした

 

考えられてますね・・

 

 

 

 

 

お部屋に入ると

 

中に柵があってワンちゃんがお部屋で自由にしやすい環境

 

お部屋のドアが開いても飛び出すことがないので

 

安全管理がしやすいですね

 

 

 

 

 

因みに

 

お部屋にはこのようなサークルがあります

 

 

飼主さんがお部屋にいる時は

 

自由にしていてOK

 

お部屋をお留守にする時だけ

 

サークルに入れるのが決まり

 

大き目のトイレが設置してあって

 

助かります

 

 

 

お部屋のお写真撮らなかったので

 

ご興味がある方はこちらのリンクからご覧ください

 

エピナール那須 ペットと泊まれる テラス棟

 

 

 

 

 

 

ペットシーツ

足拭きタオル

ウンチ袋

お水とご飯のお皿と台

お散歩バッグ

お水かけようのボトル

虫よけスプレー

コロコロ

 

ワンちゃん用のアメニティも

揃っていて不便なことはありませんでした

 

 

 

 

ワンちゃん用のおやつも用意されてました(^^)

 

 

 

 

 

テラス棟の周囲は

 

お散歩道があって

 

池の周りをぐるっと歩くと

 

広いドッグランがあります

 

 

 

小型犬エリアが2つ(手前と奥)

 

小型犬〜大型犬が入れる

フリーエリアが1つ

 

 

とても広いので

思いっきり走って満喫してました(^^)

 

 

 

私が旅行にいって

何より嬉しいのは

 

愛犬達が楽しそうにしている姿見た時

 

 

横浜から那須は遠かったですが

 

八重桜が咲いた

大きな公園を散策して

 

尻尾がルンルンで

とてもいい顔をしていました

 

 

愛犬達が元気に旅行に行かれる年数は

 

いったいあと何年だろう・・

 

そう考えると

 

愛犬達が楽しめる場所に

 

いっぱい連れて行ってあげたいな

 

 

改めてそう思いました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

@横浜しつけ教室

 

| 犬とお出かけ | 12:38 | - | - | - | - |

突然首輪が外れたら!?

 

愛犬とお出かけするのに

 

とても気持ちのいい季節になってきました

 

一緒に出掛ける時に

 

気を付けてもらいたいのが

 

 

 

 

リードが外れる

 

首輪や胴輪がすっぽり抜けてしまうこと

 

 

 

以前、友人とアウトレットモールへ出掛けた時

 

こんな出来事がありました

 

 

 


アウトレットモールは、

 

ワンちゃんもOKなので沢山の方が来ていて、

 

友人とコーヒーを飲みながらそれを眺めていました

 



すると、3頭の小型犬を連れた女性が

 

遠くの方から歩いてきました

 



2頭が前を歩き、

 

遅れた1頭のリードを前に引っ張った瞬間、

 

首輪がスポッと外れてしまいました

 

 



しかし、飼主さんは全く気づいていません


2頭と、首輪だけを引き連れて歩く飼主さん・・・

 

私は『首輪抜けてますよ〜!』と叫びました

 

 



ハッと気づいた飼主さん

 

すぐに追いかけますが

 

ワンちゃんはかえって逃げてしまいました

 



こんな時のために

 

”おいで”を練習しておくとよいのですが

 

まだ教えていない状態で外れることもあるかと思います

 



本日は、首輪が外れた時の緊急対策を書きます

 

 



リードが外れた時の緊急対策



1.追いかけない


慌てて、強く呼んだり、咄嗟に素早い動きをして

 

追いかけたりすると

 

怒られる、もしくは捕まえられると思い

 

逆に逃げてしまうワンちゃんは多いものです

 

 

 

普段から、そのような動きをしても

 

まったく動じないようならば

 

素早く追いかけてもいいのですが

 

 

 

 

ワンちゃんが既に走っている状態なら

 

逆効果

 

 


もしもワンちゃんに近づくなら

 

ワンちゃんの気が

 

飼主さん以外にそれている時に

 

ゆっくり歩いて近づく方がおススメです

 

 

 

 



2.ハッとする音をだす


ワンちゃんが自ら近づきたい

 

と思うような音を出してみる


例えば、袋を持っていたらガサガサ・・

 

するとワンちゃんは

 

えっ?おやつ?

 

と自ら近づいてくれるかもしれません

 

 

もちろん、これは

 

普段からおやつ袋からガサガサさせて

 

おやつをもらっているワンちゃんのみ有効です

 

 


また、普段使っている言葉で

 

ワンちゃんが喜ぶものも有効です

 

 


例えば、ごはん、おやつ

 

このような言葉を聞くと

 

その直後に、食べ物をもらえると

 

予測していると近くに来てくれる可能性があります

 

 

 

 

もし、ワンちゃんが

 

飼主さんの方を向いているなら

 

おやつを出すふりとか

 

そのようなしぐさをするのも有効です

 

 

 

 



3.逆方向に走る


ワンちゃんは

 

動くものを追う習性があります


2.の音を出し意識が向いたら、

 

少し逆方向に走って誘ってみるのも有効です

 

 


ただし、周囲の安全に気をつけて

 

行ってください

 

 

 

道路を挟んでいる場合は

 

危険ですので

 

2.の音も出さず

 

ゆっくり近づいた方が得策です

 

 

 

 

 

そして

 

このような時の為に絶対にしておいた方がいいのが

 

”オイデ”です

 

 

 

 

よく

 

オイデと言えば家では来ます

 

という方は多いですが

 

 

 

 

オイデがもっとも必要なのは

 

”外”です

 

 



すでにお家で”おいで”が出来ている方は

 

是非外での練習することをお勧めします

 

 

 


もちろん、練習するときは、

 

ロングリードを使用し

 

公園など安全な場所で

 

周囲に誰もいないことを確認して行って下さい

 

 

 



ちなみに・・

 

最初の首輪が外れてしまったエピソードの

 

ワンちゃんは、近くに居た方が

 

すぐに抱き上げて捕まえて下さいました

 

(^^)よかったです♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

@横浜しつけ教室 パピー教室 子犬のしつけ方 兵藤動物病院

| 犬とお出かけ | 21:29 | - | - | - | - |

桜を見ている場合じゃない!愛犬連れはご注意を!

 

横浜は桜が見頃を迎えています

 

愛犬と散歩をしながら、

 

 

 

 

咲いてきたな〜

 

キレイだな〜

 

ってのんびり眺めている・・

 

 

 

 

場合じゃない!!

 

 

 

 

ワンちゃんは何か見つけて拾い食いしてるかも!?

 

 

大きな公園やお花見スポットに散歩やお出かけするときは

 

とくに注意が必要

 

いつもよりも何倍も食べ物が落ちています!

 

 

 

焼き鳥の竹串とか、楊枝とか咥えちゃうと危ない!!

 

 

 

飼主さんが桜を眺めている間、

 

ワンちゃんは拾い食いパラダイス☆

 

ニオイもいっぱいするから

 

宝探しのようにクンクンクンクン

 

探しているかもしれません

 

 

 

 

拾い食いは、食べさせないことが大事!

 

何かを口に咥えてから

 

飼い主さんが無理やり取り出そうとすると

 

焦って飲み込んでしまうことがあります!

 

 

 

桜が散るころまで、十分気を付けて下さいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

@横浜しつけ教室 子犬のしつけ方

| 犬とお出かけ | 20:39 | - | - | - | - |

愛犬のしもやけ対策

 

雪、ちょっと積もりました

 

寒いと愛犬にお洋服を着せて

 

お散歩行きます

 

 

 

臓器を温めるのって大切

 

特に子犬や高齢犬は

 

温めてあげて下さい

 

 

 

で、最近は

 

気温が低いので

 

地面が冷たい!


今日みたいな日は特に

 

 

 

あっ明日の方が

 

凍りますね(^^;

 

 

 

 

こんなに寒いけど

 

排泄がお外でしかしないワンちゃん

 

寒くてもへっちゃらぴーな

 

若いワンちゃん

 

外に出ないと落ち着かない

 

エネルギッシュなワンちゃん

 

は、お散歩に行きますね

 

 

 

 

 

で、足の保護対策として

 

こういうのがあります

 

 

ドッグブーツ!

 

かっこいい(^^)

 

 

アウトバックブーツ(Hurtta社)

 

ウィンタースポーツを一緒に楽しむ方は

 

ブーツはいた方が

 

長い時間遊べます

 

 

 

 

でも、このタイプは

 

お値段が高い・・

 

それと、本当に靴っぽいので

 

突然履くとワンちゃんが

 

気になって歩きにくい

 

 

 

 

 

なので、私はこういうのを

 

持っています

 

 

 

 

ラバー・ドッグ・ブーツ(PAWZ)

 

風船の膨らむ前のような

 

かたちです

 

ブーツよりもやわらかいから

 

自分の足の感覚と近いタイプ

 

寒い時だけじゃなくて

 

夏の暑い日のおでかけにも

 

 

そして

 

災害時に、抱っこできないサイズの子は

 

1つ持っておくと

 

ガラスや瓦礫の中を歩かなくては

 

ならない時に

 

保護になります

 

 

 

うちは黒を買っています

 

黒い犬に黒い靴・・・

 

一体化ばっちり

 

 

愛犬用の非常持ち出し袋に入れています

 

 

 

 

 

これもちょっと気持ち悪いんですけど

 

って子は

 

くつ下タイプがおススメ

 

 

 

外で使うには適さないけど

 

何かを履かせるっていうことに

 

慣らせるのに最適

 

 

もちろん、災害時にも

 

素足で歩くよりは

 

保護になるかと思います

 

 

 

で、犬用の靴下じゃなくても

 

慣らせるなら、赤ちゃんの靴下とか

 

あと、100均で

 

椅子に履かせるくつしたみたいなのが

 

ありますよね(^^;

 

床が傷つかないようにするあれです

 

 

 

足のサイズが合うならそれでも

 

いいかと思います

 

 

 

 

で、突然履かせると

 

え?・・

 

って感じになるかもしれませんので

 

何かに集中している時に

 

さりげなく履いています

 

っていう感じで慣らせるのがおススメ

 

 

 

 

 

大人しいワンちゃんは

 

優しくそっと履かせてみて

 

履かせるのが気になるタイプのこは

 

ガムとか長く食べられるものを齧っている

 

時に、履かせてみて下さい

 

ガム食べている時に触られるのが嫌いな子は

 

この方法はしないで下さいね(^^;

 

 

 

 

 

で、履いたらご飯を食べている間だけ

 

履いている

 

とか

 

ガムを食べている間だけ履いているとか

 

さりげなく過ごします

 

 

 

 

そして、履いているのを気にしなかったら

 

歩く練習

 

 

 

 

絵は靴下履いていないのですが

 

靴下を履かせて

 

ご飯が入ったお皿を持ちながら

 

飼主さんが1〜2歩動いて

 

ついてきたらご褒美

 

 

 

 

自然に歩けるように練習をしていきます

 

寒い日

 

暑い日

 

災害時

 

の備えとしていかがでしょうか(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

@横浜しつけ教室 パピー教室 子犬のしつけ方 兵藤動物病院

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 犬とお出かけ | 13:32 | - | - | - | - |

犬連れ旅行は犬連れ・旅行を!

 

 

 

秋って愛犬とおでかけしやすい季節です

 

夏は暑いので、愛犬と出掛けられる時間も

 

場所も限られるので

 

私は夏休みをとらずに

 

毎年秋休みをとります

 

 

 

 

 

 

ワンちゃんをはじめて迎え入れた飼主さんの中には

 

一緒に旅行に行きたい

 

色々な場所にでかけられるようにしたい

 

というご希望が増えています

 

 

 

 

 

 

もし、車で出かけるなら

 

ワンちゃんが酔わないように

 

車で出かけることに慣らせておく必要があります

 

突然長時間のドライブは

 

慣れないワンちゃんにとってはつらいもの

 

近くの大きな公園など

 

車で行かれる場所に

 

短い時間から慣らせるようにして下さい

 

 

 

 

 

 

 

そして、長時間のドライブは休憩が大切!

 

30分〜1時間に一回は停車し

 

少し歩かせてお水を飲ませたり

 

日陰で休んだり休憩が必要です

 

 

 

 

 

 

電車やバスでお出かけする時も同じです

 

突然バッグに入れて電車やバスに乗っても

 

落ち着きません

 

楽しい旅行がつらい旅行にならないように

 

近場にお出かけする習慣をつけておくといいです(^^)

 

 

 

 

 

 

 

で、旅行に行くときのプランですが

 

あくまでも犬連れ旅行ということをお忘れなく☆

 

 

 

 

ワンちゃんがいないときの旅行とは違います

 

 

 

飼主さんが行きたい場所に

 

ワンちゃんが一緒に居る

 

という旅行プランではなく

 

 

 

 

ワンちゃん自身が楽しめる場所に行くことも

 

必ずプランに入れてあげて下さい

 

 

 

 

きっとお子さんがいらっしゃるご家庭は

 

旅行のプランにお子さんが楽しめる場所を入れると思います

 

大人だけが楽しめるプランにお子さんが一緒に行っても

 

きっとつまらないのではないでしょうか。

 

 

 

 

もちろん、一緒にいるだけでとっても嬉しい♪

 

というワンちゃんもいると思いますが(^^;

 

ご自身のワンちゃんが好きなことが出来る場所へ

 

連れて行ってあげて下さい

 

 

 

 

例えばうちなら2匹愛犬がいますが

 

 

・1匹は山や川などの自然を歩くのが好き

 広い場所で走るのが好き

 

なので、自然を散策できるコースとドッグランがある場所へ

 

 

 

・もう1匹はベッタリ一緒に居るのが好き

 宿泊先のお部屋や車に置いて行かれるのが嫌い

 

なので、宿泊先はレストランにも一緒に連れて行ける場所やカフェ

お買いものなどアウトレットもワンちゃんOKの場所へ

 

 

 

因みに山や川などを歩くのが好きな愛犬はアウトレットやカフェに行くのは

好きではないので、しっかり遊んだあと車でぐっすり寝かせて待機させています

 

 

 

 

2匹のタイプが真逆なので大変なのですが

 

私たちと愛犬2匹が楽しむ旅行にしたいので

 

なるべく、それぞれ好きなことを入れて苦手なことはなるべく少なくするように考えています

 

 

 

 

 

そして、もし知らない環境や外が怖い子

 

知らない人や音や犬がとても怖くて震えてしまう子は

 

旅行自体が負担になることもあります

 

 

 

日頃のお散歩からリラックスできるように練習する必要があります

 

まずは何が怖いのか

 

人なのか?知らない犬なのか?

 

ただ、外に出る経験が少ないのか

 

怖がっている対象と度合いを見て

 

外=楽しいというイメージに変えていくことから練習する必要があります

 

うちは怖がりだけど、旅行に行きたいという方は

 

プロに相談するといいと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

ワンちゃんの一生って私達よりもはるかに短い

 

そして旅行は健康である程度体力がないと負担になることもあります

 

 

ワンちゃんと楽しく旅行に行かれる年数は限られているのかもしれません

 

 

大切な愛犬と楽しくいっぱい色々な場所に行って

 

楽しい思い出を作っていきたいと思っています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

@横浜しつけ教室 子犬のしつけ方 パピー教室

 

| 犬とお出かけ | 13:34 | - | - | - | - |

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
PR
New entries
Archives
Categories
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM