子供にワンちゃんが唸る時

お子さんがいるご家庭で

 

多い質問が

 

子供に唸る どうしたらよいか

 

ということ

 

 

 

 

 

 

 

そして、この質問とセットで

 

子供の事を下に見ているから

 

唸るのでしょうか?

 

と聞かれます

 

 

 

 

 

 

 

 

で、それが起きた時

 

まず

 

保護者がお子さんとのワンちゃんの関わりを


観察してみてください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お子さんが何をしたら

 

または

 

何をしようとしたら

 

唸ったのか

 

 

 

 

 

 

例えば一番多いのが

 

 

 

 

 

ワンちゃんが

 

寝ているところを

 

無理やり起こしたり

 

荒っぽく触ったり

 

突然抱っこしてしまうこと

 

 

 

 

 

 

 

それから、

 

可愛くて

 

ぎゅぅっと抱きしめたり

 

ちゅうっとキスしようとしたり

 

抱き上げ方が痛かったり・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お子さんに

 

唸る原因は

 

”下に見ている”

 

のではなく

 

 

 

 

 

 

お子さんが

 

寝ているところを

 

無理やり起こしたり

 

荒っぽく触ったり

 

突然抱っこしたり

 

ワンちゃんにとって

 

 

 

 

安心できない存在

 

になっているからかもしれません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

 

唸った時にしてしまう対応

 

 

 

 

唸るのは

 

威嚇しているって飼主さんが

 

思ってしまうので

 

犬が悪い、やめさせないと

 

 

だから唸ったら

 

ダメ!と叱る・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ唸ったワンちゃんの気持ちになったら

 

とてもしんどいこと・・

 

 

 

 

 

 

寝ているところを

 

無理やり起こされる・・

 

 

やめてよ!

 

寝かせてよ!

 

って言っているだけ

 

 

 

 

 

 

 

突然抱っこされて

 

びっくりしたから

 

突然抱っこしないで

 

って警告してるだけ

 

 

 

 

 

 

 

荒々しく

 

頭を撫でられる

 

もう!やめてよ!

 

って言っているだけ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それ嫌だよって

 

言っているだけなのに

 

 

 

 

 

 

更にママやパパにまで

 

ダメ!って怒られたら・・

 

 

 

 

しんどい・・

 

 

 

誰もわかってくれない・・

 

だからどんどん

 

唸るし子供の動きに対して

 

警戒するようになります

 

 

 

 

 

 

 

ワンちゃんを怒るのではなく

 

なぜ唸っているのか

 

考えてあげて

 

それをしないように

 

お子さんに指導してあげる

 

必要があります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ、唸ったのか?

 

寝ているところを起こされたら、どんな気持ちになる?

 

 

急に抱っこされたら、びっくりしない?

 

 

頭を荒っぽく撫でられたら、嫌じゃない?

 

 

 

自分だったらどうかな?

 

 

そんな感じで教えて欲しいのです

 

 

 

 

それが、お子さんのいるご家庭で

 

ワンちゃんを飼ううえで大切なこと

 

 

 

お子さんとワンちゃんが仲良くなるには

 

保護者のサポートがとっても大切になります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

@横浜しつけ教室 子犬のしつけ方 パピー教室 兵藤動物病院

| 犬の気持ち | 20:21 | - | - | - | - |

独自の方法でいいじゃない。愛犬の要求にこんなこたえ方してみました

 

夜、寝る時

 

私が寝室に移動すると

 

トコトコトコ・・

 

 

 

 

部屋の扉の横に

 

ちょこんと座って・・

 

しゃべりはじめました

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ・・

 

これ、ようするに

 

一緒に寝たくて

 

お布団に入れて欲しくて

 

私に気づいて欲しくて

 

しゃべっているのです・・

 

 

 

 

 

 

でも

 

私は夜は一緒に寝ないようにしています

 

その理由は

 

私が眠れないから・・(^^;

 

 

 

 

 

 

 

愛犬ルルは

 

私の脇の下の隙間に入って

 

寝るのが好きで

 

私の二の腕に

 

前足と顔をのせて寝ます

 

 

 

 

 

 

 

その寝方で夜中ずっとは

 

腕が痛い・・

 

そして全然動けない・・

 

 

 

 

 

 

 

 

もともと私は眠りが浅いので

 

ルルが横にいると

 

まったく熟睡できない・・

 

 

 

 

 

なので

 

夜は寝室には入れずに

 

ルルはいつもいる場所で

 

寝てもらっています

 

 

 

 

 

 

 

でも、寒いのか

 

寂しいのか

 

ずっとブツブツ

 

しゃべっています・・笑

 

 

 

 

 

 

吠えている訳ではないので

 

知らないふりして寝てしまえば

 

そのうち

 

諦めて自分で寝ると思います

 

 

 

 

 

 

しつけのマニュアル的にも

 

知らないふりをしましょう

 

と言うと思います

 

 

 

 

 

 

 

ただ、私は

 

ルルに納得してもらうために

 

寂しいの〜?

 

一緒に寝られないよ〜

 

と言いながら

 

一度起きて

 

ルルのいる部屋へ・・

 

 

 

 

 

 

 

そして

 

彼は私の座っている座椅子で

 

寝たがるので

 

そこに毛布を敷いて

 

寝かしつけてみました

 

 

 

 

 

 

 

 

一緒に寝られないよ〜

 

ここで寝てね〜

 

 

 

ルルちゃんはいい子だね〜

 

おやすみ〜

 

 

 

と言いながら

 

ゆっくりなでて

 

寝室に戻ったら

 

ついてきませんでした(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

寝かしつけることを

 

いつもしている訳ではありませんが

 

 

 

 

 

 

お気に入りの場所で

 

少しなでなですることで

 

 

 

 

ルルの中で

 

納得したのでしょう

 

そのまま朝まで寝ていました

 

 

 

 

 

 

しつけの本には

 

きっと要求を悪化させないために

 

応えないこと

 

相手にしないこと

 

と書いてあることが多いと思いますし

 

そうすれば諦めることは確かですが

 

 

 

 

 

でも

 

独自の方法で

 

それで愛犬が気持ちが落ち着いたり

 

飼主さんの気持ちも落ち着いたり

 

するのなら

 

その結果がとてもいいものなら

 

独自の方法を

 

どんどん試して

 

 

 

 

 

 

 

ご自身の愛犬と

 

ご自身にあった方法を

 

考えていっていいのだと私は思います

 

 

 

 

 

 

 

 

今日もルルちゃんおしゃべり

 

するかなぁ〜(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

@横浜しつけ教室 子犬のしつけ方 兵藤動物病院 パピー教室

 

 

 

| 犬の気持ち | 20:04 | - | - | - | - |

散歩に行こうとすると逃げる犬

 

 

散歩行こう!と言う

 

胴輪や首輪、リードを持つ

 

鍵を持つ

 

散歩セットを持つ

 

外着を着る

 

 

 

 

 

 

散歩に行く前に

 

散歩だとわかる行動をすると

 

隠れる

 

逃げる

 

というワンちゃん

 

 

これを見ると

 

散歩嫌いなのかな?

 

と思うと思いますが

 

 

 

 

 

 

 

でも外に出ると

 

嬉しそうに歩く

 

楽しそうにする

 

という場合

 

 

 

 

 

ほとんどは

 

捕まえられること

 

が嫌で逃げる

 

 

 

あるいは

 

胴輪をつけられる行為が

 

嫌で逃げる

 

 

 

 

 

 

今まで

 

その逃げ方をするワンちゃんは

 

首輪ではなく

 

胴輪が多かった

 

そして

 

床で胴輪を装着するより

 

抱きかかえてから

 

胴輪をするのが多かったです

 

 

 

 

 

 

 

なので

 

まず、散歩だと察知されないように

 

あっ逃げきゃ

 

スイッチを入れないように

 

 

 

 

散歩行こう と言わない

 

胴輪やリードを先に持たない

 

散歩グッズを持たない

 

鍵を持たない

 

着替えない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

 

抱っこすることが嫌いじゃないなら

 

自然に抱っこして

 

 

 

 

 

 

 

 

それから

 

胴輪や首輪リードをつける

 

散歩グッズを持つ

 

鍵を持つ

 

外着を着る

 

 

 

 

 

 

 

それから

 

胴輪の方が

 

体の負担が少ないのでおススメですが

 

 

 

 

 

胴輪を付けられる行為が

 

苦手な子は

 

首輪に変える

 

胴輪の形状を変える

 

 

 

 

 

抱っこされたまま

 

装着されるのが嫌なら

 

床で装着するようにする

 

 

 

 

 

 

いつも逃げる

 

パターンを変えてみて

 

嫌がる要素が何か

 

色々変えてみて

 

実験をしてみて下さい

 

 

 

 

 

 

 

毎日頑張って

 

逃げるワンちゃん

 

隠れるワンちゃんを

 

捕まえずに

 

スムーズにお散歩に行かれるように

 

なるかもしれません(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

@横浜しつけ教室 兵藤動物病院 パピー教室 子犬のしつけ教室 子犬のしつけ方

 

 

| 犬の気持ち | 21:07 | - | - | - | - |

怖がりの犬は年単位

 

 

最近身近に保護犬を迎える方が

 

増えたなぁと感じます

 

 

 

テレビで保護犬のことを

 

放送しているのをよく目にしますので

 

きっとその影響なのかもしれませんね

 

 

 

 

 

保護犬って言っても

 

その時点で

 

それぞれ形成された性格がありますが

 

 

 

中にはとても怖がりな子がいます

 

 

 

 

 

とても怖がりな子は

 

怖くなくなるまで

 

とってもとっても時間がかかります

 

 

 

 

あぁ怖がらなくなったなぁって思うのが

 

気付いたら1年後2年後だったりします

 

 

 

 

 

 

私の愛犬は3歳の時に

 

我が家にきました

 

 

 

 

 

最初は私が触ることが出来ないくらい

 

人に対してとっても怖がり

 

 

 

 

首輪や胴輪の装着や

 

リードを着けることも出来ないので

 

 

 

 

最初は保護していた人に

 

首輪とリードをつけた状態で受け取り

 

しばらくつけっぱなしで生活していました

 

 

 

 

 

 

リードを外すこと着けることが出来るようになったの

 

1か月後

 

 

 

 

背中や胸のあたりを触るようになったのが

 

1か月半後

 

 

 

 

首輪をつけたり外したり出来るようになったのが

 

2か月後

 

 

 

 

 

足をふけるようになったのが

 

2ヶ月半後

 

 

 

 

 

 

病院の診察に行かれるようになったのが

 

6か月後

 

 

 

 

 

散歩中しらない人が声をかけたり

 

じっと見たりしても逃げなくなったのが

 

1年後

 

 

 

 

 

夫だけで散歩に行かれるようになったのが

 

2年後

 

 

 

 

記憶があいまいですが

 

たぶんそれくらいの期間で出来るようになっています

 

 

 

 

 

3歳で引き取った愛犬が現在9歳

 

うちに来て6年

 

初めての人にも自分から近づき調べます

 

胸や背中なら触ることが出来ます

 

 

 

 

 

一緒に旅行を楽しみ

 

先陣切ってどんどん初めての場所に

 

進んで歩いて行きます

 

 

 

 

怖がりだということは変わりませんが

 

彼女がこの人間の社会で生活するための

 

余裕と安心は広がりました

 

 

 

 

 

 

保護犬を迎える際

 

その性格を尊重しつつ

 

ゆっくり根気よくおつきあいしていく

 

覚悟が必要になると感じます

 

 

 

 

 

 

迎え入れたことがゴールなのではなく

 

 

そこからがスタート

 

 

時間と根気がある方は是非保護犬を(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

@横浜しつけ教室 兵藤動物病院パピー教室 子犬のしつけ方 保護犬

 

| 犬の気持ち | 23:02 | - | - | - | - |

夜中に愛犬から無言の訴え・・

 

今朝、まだ夜明け前

 

愛犬きょうちゃんが

 

私の寝室の前で

 

じーっとこっちを見ていて

 

何かを訴えていました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は眠りが浅く

 

愛犬が動く音でも

 

目が覚めます

 

なので無言の訴えに気づきました

 

部屋の前でじーっと座って

 

こっちを見ています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうしたの?

 

もちろん答えてくれませんが

 

気温がとても低かったし

 

起き上がった私も

 

寒いな・・と感じました

 

 

 

 

 

 

 

 

寒いの?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず

 

私の座椅子で寝ようとしているようなので

 

そこに毛布を敷いてあげました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると

 

のそのそっと

 

座椅子の方に近づき

 

よいっしょっと丸くなって

 

寝始めました

 

 

 

 

 

それそれ

 

っと思っているかは

 

わかりませんが

 

 

 

 

気に入ってくれたようです(^^;

 

良かったよかった

 

やっぱり寒かったのかな・・

 

 

 

 

愛犬も高齢になってくると

 

寒さが体にこたえますので

 

防寒対策はしっかりしておきたいですね

 

 

 

 

 

それにしても

 

無言の訴え・・かわゆい・・♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

@横浜しつけ教室 パピー教室 子犬のしつけ方 兵藤動物病院

| 犬の気持ち | 21:00 | - | - | - | - |

大切なそっちを伝えていない

 

人って

 

注意はいっぱいする

 

ダメだってことは

 

すぐに口に出して言う

 

 

 

 

 

咄嗟にしっかり

 

ハッキリ伝えたり

 

 

 

 

 

ブツブツと話しかけるように

 

会話のように

 

注意したり怒ったり

 

することが多い

 

って私は思います

 

 

 

 

 

 

 

 

私自身もそうかなって思います

 

 

 

 

 

だけど

 

プラスの表現も

 

たくさん言って欲しいなって思います

 

 

 

 

 

心の中で

 

可愛いな〜

 

いい子だな〜

 

大好きだよ〜

 

って言葉を

 

もっともっと言って欲しい

 

 

 

 

 

 

日常生活で

 

思った時に

 

咄嗟にしっかり

 

ハッキリ伝えたり

 

 

 

 

 

ブツブツと話しかけるように

 

会話のように

 

笑顔と一緒に伝えて欲しい

 

 

 

 

 

 

できれば

 

注意や怒るマイナスの表現より

 

上回るように

 

いっぱいプラスの表現を言って欲しい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

 

リラックスしている時とか

 

大好きなところを撫でている時に

 

セットにすると

 

ワンちゃんにとって

 

飼主さんとの触れ合いの時間

 

コミュニケーションの時間が

 

最高の時間になる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛犬にとって

 

飼主さんは

 

いっつも怒る人?

 

いっつも褒める人?

 

 

 

この印象ってとても大きいと思います

 

今日からベラボーに褒めていこう(^^)!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

@横浜しつけ教室 パピー教室 兵藤動物病院 子犬のしつけ方 トイレ 甘がみ

 

 

 

| 犬の気持ち | 18:53 | - | - | - | - |

愛犬の行動でわかる気持ち

 

旅行中

 

ドッグランに行って遊びました

 

その時

 

ちょっとした実験をしてみました

 

 

 

 

私の愛犬は2頭

 

甲斐犬Mixのきょうちゃん

トイプードルのルルくん

 

です

 

 

 

 

 

 

ドッグランは

 

大きい方と小さい方があって

 

先客がいなかったので

 

夫と1頭ずつ分かれて入ってみました

 

 

 

手前にきょうちゃんと私

 

奥にルルと夫

 

そしてどんな動きをするのか

 

観察してみます

 

 

 

 

 

 

 

トイプードルのルルが

 

わかりやす〜い行動で

 

気持ちを表します

 

 

 

 

 

私がいるエリアの堺の柵に

 

2本足になって

 

そっち行きたいアピール・・

 

なんで・・なんでいけないの

 

みたいな感じで

 

とにかくこっちに来たい

 

 

 

 

 

 

夫はルルのエリアにいますので

 

夫が動いたり

 

ルルを呼ぶと

 

夫の方に行きます

 

 

 

 

 

 

 

でも

 

すぐ戻ってきます・・

 

 

私への執着が強いので

 

とにかく近くに居たい・・

 

だからずっと柵に張り付き中

 

 

 

 

 

 

 

 

可愛そうなので

 

私がルルのエリアに入り

 

夫がきょうちゃんのエリアへ

 

逆になって行動を観察してみました

 

 

 

 

 

 

こんな感じで

 

写真を撮っている私が

 

手前のエリアに居ます

 

夫ときょうちゃんが奥のエリアで遊んでいます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうなると

 

ルルはどこにいるのか

 

 

 

私から2mくらいの場所で

 

夫ときょうちゃんの位置を確認

 

ずっとそちらを見ています

 

夫ときょうちゃんの動きが気になるけど

 

私の近くからは離れないという感じ

 

 

 

 

 

 

 

ただ

 

夫ときょうちゃんが見えなくなると・・

 

 

 

 

私から離れて

 

柵まで行き

 

どこに行ったか探します

 

ルルにとって家族が

 

離れること

 

見えなくなること

 

に不安を感じるのでしょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夫の姿が見えると

 

即、確認しにいきます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぴゅ〜っと走っていて

 

夫かどうか確認すると・・

 

私の姿も確認して・・

 

 

 

 

 

 

 

すぐ私の方へ戻ってきます

 

特に呼び戻す声をかけている訳ではなく

 

勝手に戻ってきます

 

 

 

 

 

 

 

この行動が表すのが

 

ルルの不安感と安心感

 

 

 

 

 

 

ルルは自分の家族が傍から

 

離れると不安なのだと思います

 

 

 

 

犬はそれぞれ家族が離れると

 

不安を感じる距離があります

 

 

 

 

ルルはその距離がすごく近い・・

 

これは個体差がありますので

 

ドッグランに行って離れないワンちゃんは

 

その不安傾向が強い可能性があります

 

 

 

 

 

 

そして

 

きょうちゃん、夫、私

 

この中でルルにとって一緒に居て

 

一番安心なのが私なのだと思います

 

 

 

 

 

 

だから

 

離れると必死に傍にいようとして

 

柵に2本足の状態になってずっとそこにいる

 

 

 

 

 

 

 

反対に一緒にいると

 

更に気になることがない限り

 

2m以上は離れない

 

そして数分しか離れない

 

ということがわかります

 

 

 

 

 

なので

 

こういうワンちゃんは

 

置いて行かれること

 

がとても苦手

 

ですので

 

お留守番させられるを嫌がる

 

不安が強いと吠える

 

トイレの失敗・・とかが出ることがあります

 

 

 

 

 

 

それから

 

車にちょっと置いて行く

 

これも吠えたり

 

落ち着きなくウロウロ動いたりします

 

 

 

 

 

 

あと

 

ホテルに預ける

 

病院に預ける

 

こういう時に

 

体調を崩したりすることもあるかもしれません

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

 

絶対にやって欲しくないのが

 

散歩中にどこかに繋いで

 

ちょっと買い物に行く

 

たまにコンビニとか

 

スーパーの前につながれているワンちゃんがいます

 

 

 

 

 

 

 

 

これ

 

不安なワンちゃんじゃなくても

 

やらないで欲しいことですが

 

特に

 

不安が強いワンちゃんは

 

これをやると吠えるでしょう・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

 

必死になってリードを噛みちぎったり

 

繋いでいる場所に

 

ウロウロ動いて

 

リードがグルグル巻きになったり

 

危ないですし

 

 

 

 

 

 

 

 

何より

 

ワンちゃん自身が

 

とても不安を感じますので

 

お買い物はお散歩から帰ってから

 

行くようにしてあげて下さい(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

@横浜しつけ教室 パピー教室 兵藤動物病院 子犬のしつけ方 いぬのきもち

 

 

 

 

| 犬の気持ち | 21:50 | - | - | - | - |

外、怖い怖い犬を尻尾、ブンブン犬にした方法

 

昨日の更に続きになりますが

 

我が家の愛犬も

 

外を怖がりました

 

 

 

 

外のとにかくあらゆるものが怖い

 

風が吹いただけで

 

ビクッ!っとなり

 

そそくさ帰ろうとします

 

 

 

 

 

知らない人が歩いていると

 

もうダッシュで逃げようとします

 

音にも敏感で

 

車が近づくのも怖い

 

ちょっとどこかで音がすると

 

ビクビク・・

 

 

 

 

突然パニックになるので

 

最初は私もその動きに

 

ビックリしますし、とても緊張しました

 

 

 

 

パニックになると

 

突然体が引っ張られるくらい

 

逃げようとしますので

 

リードを放してしまったら

 

もう帰ってこないだろうと

 

いつもリードを持った手は

 

絶対に離さないよう

 

ぎゅっと力を入れていました

 

 

 

 

 

 

 

現在は

 

散歩行こうというと

 

喜んで突進

 

 

 

 

公園では

 

尻尾ブンブンで

 

ウサギのようにピョンピョンはねて

 

はしゃぎます

 

 

 

 

お散歩は基本的に

 

自分で道を選び

 

興味のある方にどんどん進み

 

知らない人が近づいても

 

逃げることはありません

 

 

 

自分から近づき

 

手のニオイをクンクン嗅げるようになりました

 

 

 

 

 

 

彼女に最初に私がしたのは

 

彼女が安心する場所に

 

必ず連れて行くこと

 

 

 

 

道路は緊張し尻尾が常に下がっていますが

 

芝生や木があるような

 

広い公園に行くと

 

少し尻尾があがっていました

 

 

 

 

 

そして

 

他のワンちゃんにとても興味があったので

 

積極的に他のワンちゃんに会せるようにしました

 

 

 

 

ただ

 

その時、ワンちゃんのそばにいる

 

飼主さんにはとても怖がるので

 

飼主さんが私の愛犬に

 

何もアクションをかけない時は

 

見守り

 

 

 

 

近づこうとしたり

 

触ろうとした時は

 

人にはちょっと怖がりなんです〜(^^)

 

といいながら

 

さりげな〜く離れます

 

 

 

 

こうして

 

なるべく知らない人に対しての

 

恐怖心を増長させないように

 

注意しました

 

 

 

 

 

それを繰り返しているうちに

 

公園に近づくと

 

早歩きになり

 

積極的に公園に行きたい意欲が

 

出てきました

 

 

 

 

 

 

そこで

 

公園について

 

他のワンちゃんと触れ合ったら

 

私と一緒に走ることをプラスしてみました

 

 

 

 

走ると尾がもっと上がり

 

テンションも上がって楽しそうにしました

 

 

 

 

それから

 

知らない人への恐怖心を緩和するために

 

同じ方向に歩いている人がいたら

 

その後ろを追うように歩きました

 

 

 

 

 

 

ワンちゃんは

 

後ろから追われることや

 

正面から

 

目があったり

 

話しかけられたり

 

近づかれることは怖がりますが

 

後姿を自分が

 

追うのは怖がりにくいので

 

それをしました

 

 

 

 

 

 

 

そして

 

徐々に時間やコースを変え

 

少し人や車が通る刺激を足していきました

 

 

 

 

 

 

彼女の

 

プラスの気持ちになることを

 

たくさん盛り込みつつ

 

 

 

 

マイナスの気持ちになることを

 

ちょっとだけ入れて

 

慣らせていく

 

 

 

 

 

 

毎日少しずつ

 

行うことで

 

マイナスな気持ちになることが

 

少しずつ減っていきます

 

 

 

 

 

 

 

時間はかかりましたが

 

彼女が今お散歩を楽しめるようになり

 

一緒に旅行に連れて行っても

 

楽しそうにしてくれるので

 

 

 

 

 

 

 

私も嬉しいですし

 

彼女もこの人間社会で

 

生きやすくなったのではないかと思います

 

 

 

 

 

 

そう導いてあげることも

 

飼主として

 

大切なことなのだと

 

私は彼女に教えてもらいました(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

@横浜しつけ教室 子犬のしつけ方 パピー教室 兵藤動物病院

| 犬の気持ち | 23:18 | - | - | - | - |

うちの子は散歩が嫌いみたい、お散歩に行かない方がいい?

 

 

お散歩があまり好きじゃないって

 

ワンちゃんいると思います

 

 

 

 

 

お散歩していても

 

楽しそうじゃないし

 

家に向かう帰り道は

 

早歩きになって

 

とにかく早く帰ろうとする

 

 

 

 

 

 

そんな姿を見ると

 

お散歩に行かない方がいいのかしら

 

って思ってませんか(^^)

 

 

 

 

 

 

小型犬だし

 

家の中を走り回ったり

 

お庭でも運動は十分かしら

 

って

 

 

 

 

 

 

でも実は

 

お外に出る機会が

 

減ってしまうと

 

とっても怖がりさんになりやすい

 

 

 

 

 

 

 

怖がりさんになると

 

外の物音に過剰に反応して

 

吠えやすくなります

 

 

 

 

 

 

家にいる時も

 

ドキドキすることが多いので

 

不安やストレスを抱えやすくなります

 

 

 

 

 

 

 

また

 

動物病院やトリミングサロン

 

飼主さんと一緒にお出かけする時

 

 

 

旅行に行く時

 

はじめての場所や

 

慣れない場所に行くときに

 

 

 

 

震えたり

 

緊張が続きますので

 

体調を崩したり

 

一緒に出掛けても

 

楽しむどころではなくなってしまいます

 

 

 

 

 

 

 

ですので

 

尻尾をプリっプリップリにして

 

喜ぶことを目標にしなくてもいいので

 

外に出ても

 

過度な恐怖心を抱かず

 

平常心で過ごせるくらいには

 

できるようにしておくといいと思います

 

 

 

 

 

 

それには

 

日々のお散歩にやっぱり出ることがおススメ

 

 

 

 

 

でも

 

無理やり歩かせようとすると

 

逆効果になってしまいます

 

 

 

 

 

 

 

慣らせるには

 

ポイントがありますので

 

明日また紹介することにします(^^)

 

 

興味のある方はみて下さい☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

@横浜しつけ教室 兵藤動物病院 パピー教室 子犬のしつけ方 お散歩 歩かない お散歩嫌い

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 犬の気持ち | 23:22 | - | - | - | - |

犬は褒めても喜ばない!って言ってました

 

 

先日、テレビ番組に

 

犬の訓練士さんが出演していて

 

 

 

『犬は褒めても喜ばない』

 

 

 

と発言されていました

 

 

 

 

これを聞いた時

 

 

 

 

え〜!いや

 

うちの子喜ぶけど

 

って思った人

 

 

 

 

確かにうちの子

 

喜んでないかも

 

って思った人

 

 

 

 

いると思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え〜!いや

 

うちの子喜ぶけど

 

って思った人は

 

 

 

 

褒める=ワンちゃんが喜ぶこと

 

をしている飼主さんです

 

 

 

 

だから

 

ワンちゃんの

 

喜ぶことを知っている飼主さん

 

それを日常で

 

たくさんしてあげている飼主さんです

 

 

 

 

だから

 

飼主さんが褒める

 

=嬉しいことがある

 

とワンちゃんは予測しますので

 

反射的に

 

喜びます

 

 

 

 

 

 

褒める声と共に

 

それをするだけで

 

飼主さんに声をかけてもらうこと

 

褒めてもらうことがとっても心地よくなる

 

 

 

 

 

なので

 

それをしていなければ

 

褒めただけで

 

喜ぶ行動は出ない

 

褒めることが嬉しいこと

 

という経験がないので

 

喜ばないということです

 

 

 

 

 

 

なので

 

 

 

犬は褒めても喜ばない

 

のではなく

 

喜ぶことをしていないと

 

褒めても喜ばない

 

ということです

 

 

 

 

 

 

でも

 

そんなこと

 

テレビで言って

 

え?喜ばないの・・

 

って褒める人減って欲しくない

 

って私は思いました

 

 

 

 

 

我が家の愛犬は

 

喜びます

 

名前を呼んだだけで

 

ん?なに?って

 

尻尾プリプリ振って

 

近づいてくれます

 

 

 

 

飼主さんとコミュニケーションとることが

 

嬉しい

 

楽しい

 

心地いい

 

とか

 

プラスのコミュニケーションがたくさんあるって

 

飼主さんとの関係作りで

 

とっても大切なことだと思っています

 

 

 

 

 

だから

 

どんどん褒めて欲しい

 

偉いね〜

 

可愛いね〜

 

大好きだよ〜

 

なんて言いながら

 

撫でられると気持ちよくなるところを

 

優しく撫でたりして欲しい

 

 

 

 

 

トイレで

 

ちゃんと排泄出来たら

 

偉いね〜

 

いい子だね

 

ってちゃんと褒めて

 

ご褒美になるおやつをあげたり

 

いっしょに遊んだり

 

ワンちゃんが喜ぶこと

 

好きなこと

 

してあげて欲しい

 

 

 

 

 

 

私はそう思います(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

@横浜しつけ教室 パピー教室 子犬のしつけ方 兵藤動物病院

| 犬の気持ち | 20:34 | - | - | - | - |

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
PR
New entries
Archives
Categories
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM