引っ越してきてから吠えるようになりました

 

うちは集合住宅です

 

上の階は

 

半年?一年?

 

忘れてしまいましが

 

しばらく空いていたので

 

上の階から音がすることはありませんでした

 

 

 


で、

 

先週の土曜日

 

上の階の方が引っ越してきました

 

 

 

 

 

歩くたびに

 

上からドシドシと

 

音が聞こえて

 

そのたびに

 

愛犬が

 

吠えます

 

 

 

 

ドシドシ・・

 

ウォッワン!

 

 

 

 

ドシドシドシ・・

 

ワァオンッワン!

 

 

 

愛犬にとっては

 

今までしばらく

 

上の階から音がしなかったので

 

 

 

 

気になって仕方ないのでしょう

 

 

 

 

で、

 

ドシドシの1度の音に対して

 

 

ワンワンワンワン!

 

ワンワンワンワン!

 

 

 

 

しばらく吠え続けるのなら

 

早めに止める必要がありますが

 

 

 

 

 

ドシドシ

 

に対して

 

ワン!ワォッ

 

と単発的に

 

吠えるなら

 

放っておきます

 

 

 

なぜなら

 

その吠えは無くなるから

 

 

 

 

もちろん

 

周囲への配慮も必要ですので

 

吠える声の大きさや

 

夜は吠えにくくする工夫はしています

 

 

 

 

 

上の階から

 

ドシドシという音が聞こえてから

 

5日目

 

ドシドシと聞こえても

 

無反応になりました

 

 

 

 

 

これは”順化”という現象です

 

 

 

馴化とは

 

ある刺激が繰り返し与えられることにより

 

その刺激に対して鈍感になり

 

反応が徐々に見られなくなっていく現象のこと言います

 

 

 

 

今回の例で説明すると

 

ドシドシの音に反応して

 

最初は吠えていても

 

 

 

ず〜っとドシドシが聞こえ続けると

 

その音に何の意味もないと学習したので

 

次第にドシドシと音がしても

 

吠えなくなった

 

 

ということです

 

 

 

詳しくはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

@横浜しつけ教室 パピー教室 子犬のしつけ方 無駄吠え 学習理論

 

 

| 吠え | 10:06 | - | - | - | - |

散歩中、他の犬に吠えて困っている(原因編)続き

 

昨日

 

散歩中、他の犬に会うと吠える

 

根本の原因

 

☆社会化(経験不足)不足

☆怖い経験による防衛

☆縄狩り意識

☆相手が吠えることによる同調

 

 

について紹介しました

 

 

 

 

今日は

 

この根本の原因から

 

飼主さんの行動によって

 

吠えが繰り返される原因について

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吠えるきっかけになっている

 

根本の原因から

 

飼主さんが日常的に

 

行っている行動によって

 

 

 

 

更に吠えることを

 

繰り返している原因があります

 

 

 

 

例えば

 

 

 

・吠えたら会わせている

 

 

これは他犬を見つけて

 

会いたくて吠えている場合

 

吠えて、相手の犬に近づけている

 

と吠える→会える

 

を繰り返すことにより

 

吠える行動が増える原因になります

 

 

 

 

 

 

反対に

 

 

・会いたくないのに近づけている

 

 

他犬が苦手な場合

 

近づきたくないのに

 

ご挨拶

 

を強要したり

 

相手の犬が近づくのを

 

逃げられない状態に

 

していると

 

防衛のために

 

吠えるようになります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

 

 

 

・飼主の言動(リアクション、動き)による興奮

 

 

他の犬に吠えることを

 

わかっている飼主さんは

 

 

 

他の犬を見つけた時点で

 

リードをぐるぐるしっかり

 

手に巻いて

 

突進に備えて

 

準備をします

 

 

 

 

その緊張感は伝わりますので

 

臨戦態勢に

 

入ってるきっかけになってしまいます

 

 

 

あと、吠えはじめてから

 

ダメ!吠えないの!

 

と叱ること

 

 

これ、

 

ワンちゃんによっては

 

加勢している感じになります

 

 

叱られてるのではなく

 

ワンワン!言っている感じかな

 

 

 

 

 

 

 

 

他にも

 

・リードが張るフラストレーション

・犬同士の距離が近い

・日常的に吠える習慣がある

・吠えたら相手が立ち去る達成感

 

これらが吠える行動を

 

助長させます

 

 

 

 

 

ですので、

 

吠えさせたくない飼主さんは

 

 

 

なぜ吠えるのか

 

ワンちゃんの気持ちを理解しつつ

 

 

 

上記の事を

 

しないようにする必要があります

 

 

 

 

いつもしているな〜

 

と思うことがあったら

 

 

まずそこを見直し

 

 

 

 

リードをぐるぐるしない

 

叱らない

 

無理に近づけない

 

 

反対のことをやってみてください(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

@横浜しつけ教室 子犬のしつけ方 パピー教室 兵藤動物病院

 

 

 

 

 

 

 

| 吠え | 21:53 | - | - | - | - |

散歩中、他の犬に吠えて困っている(原因編)

 

散歩中、他の犬に会うと吠える

 

というワンちゃんは

 

少なくありません

 

 

 

 

で、そうすると

 

やめさせる方法を

 

模索すると思いますが

 

ちょっとお待ちを

 

 

 

 

吠えるには

 

吠えるなりの

 

原因があります

 

 

 

 

どういう意味で

 

吠えているのか

 

ここをまず知ることが

 

大切です

 

 

 

 

 

なので、今日は原因編

 

 

 

 

 

生まれた時から

 

他の犬に吠えている訳では

 

ありません

 

 

 

 

 

 

いつからなぜ

 

吠えるようになったのか

 

 

 

 

 

☆社会化(経験不足)不足

 

子犬の頃(生後5ヶ月頃)までに

 

他の犬と接する機会がないと

 

どう接すればよいのか

 

わからず、戸惑います


人で例えると

 

会話べた

 

コミュニケーション能力が低いので

 

おどおどしてしまい

 

緊張や不安を抱え

 

吠える行動へとつながります

 

 

 

 

 

 

☆怖い経験による防衛

 

過去に

 

吠えられたり

 

噛まれたり

 

唸られたり

 

突進されたり

 

他犬=怖い

 

と思うと

 

 

吠えて近づくな!

 

と防衛することを覚えます

 

 

 

 

 

☆会いたくて吠える

 

怖いとか嫌いとか

 

負の意味だけでなく

 

会いたくて

 

会いたくて

 

遊ぼう!遊ぼう!と

 

興奮して吠えることも

 

もちろんあります

 

リードで繋がれていますので

 

行きたくても

 

行かれないフラストレーションから

 

その吠えは過剰になっていきます

 

 

 

 

 

 

 

 

☆縄狩り意識

 

自分の縄張り意識が

 

高い犬は

 

相手の犬にそれを侵されたくなくて

 

ケンカ腰で

 

吠えます

 

オスの方が多いかな

 

オス同士で、なおかつ歳が近め

 

未去勢なら尚更

 

ん〜・・

 

なんというか・・

 

思春期に学生が

 

おまえ!どこ中(ちゅう)だよ!?

 

あ〜!?ってにらみ合う

 

みたいな感じ(^^;?

 

縄張りを争うヤンキーみたいな

 

 

 

で、それは

 

キャラかぶりってよく

 

私は言っていたのですが

 

同じ大きさ、性別、年齢

 

だと起こりやすい

 

動物的本能です

 

 

 

 

 

 

 

☆相手が吠えることによる同調

 

犬って同調しちゃう動物

 

だから相手が

 

ワン!ワン!吠えれば

 

それに反応して

 

自分もワン!ワン!しちゃう

 

で、それが習慣化すると

 

吠えていない犬見ても

 

自分からワン!ワン!しちゃう

 

 

それだけ(^^;

 

 

 

 

 

 

 

というように

 

 

☆社会化(経験不足)不足

☆怖い経験による防衛

☆縄狩り意識

☆相手が吠えることによる同調

 

 

根本の原因があります

 

 

そして、

 

この根本の原因から

 

飼主さんの行動によって

 

吠えが繰り返される原因が

 

更にあります

 

 

 

 

 

明日はそれを紹介します☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

@横浜しつけ教室 パピー教室 他の犬に吠える 子犬のしつけ方 兵藤動物病院

 

 

 

 

| 吠え | 12:53 | - | - | - | - |

外では吠えないのに家の中から他犬に吠えるのはなんで?

 

 

これ、不思議に思いますか?

 

 

お散歩中他のワンちゃんに会っても

 

吠えないのに

 

家にいる時に

 

他のワンちゃんが通過すると

 

すごく吠える

 

 

 

 

 

こういうこと

 

とってもあります

 

 

 

 

で、何で吠えるのか

 

 

 

単純にこれです

 

 

 

 

ワンちゃんにとって

 

自分の家は

 

守る対象

 

だから

 

 

 

家の前を通過するだけで

 

よく働く警備員に早変わり

 

 

 

 

で、

 

たいてい

 

家の前を通過する他犬は

 

必ず立ち去ります

 

 

 

 

 

 

だからワンちゃんは

 

自分が吠えたことで

 

追い払えた

 

達成感を得ています

 

 

 

 

 

 

 

仕事のやりがい

 

感じてます(^^)♪

 

ですから、その行動は繰り返されます

 

 

 

 

本能的なもので反応し

 

達成感から

 

次も吠えて追い払う

 

仕事を老いるまで

 

全うします

 

 

 

 

 

 

なので、これを

 

飼主さんがどうとらえるのか

 

ここって大事かなって思います

 

 

 

 

吠える

 

ということを

 

守ってくれている

 

仕事してるんだね

 

って思うのか

 

 

 

 

あーうるさい・・・

 

って思うのか

 

 

 

その気持ちの持ち方で

 

犬を飼うこと

 

犬を理解すること

 

犬と共に生活すること

 

ここがきっとガラリと変わって

 

 

 

 

 

 

 

愛犬の事を

 

もっと大切に

 

もっと愛おしく

 

感じると思います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

@横浜しつけ教室 パピー教室 子犬のしつけ方 吠える 兵藤動物病院

 

 

 

 

| 吠え | 09:04 | - | - | - | - |

インターホンに吠えている訳じゃない!?

 

インターホンが鳴ると

 

ワンワン吠える!

 

 

 

 

インターホンに過剰反応して吠える原因

 

大きく3つに分けてみます

 

 

 

 

 

インターホンが鳴ると

 

1.誰かが来るから

 

これがもちろん1番

 

 

 

もしも、インターホンが鳴って

 

誰も来なかったら

 

吠えません

 

 

 

 

で、

 

インターホンが鳴ると

 

家に誰か来るから

 

ただ、誰か!来た!

 

誰か来た〜!って知らせる意味で

 

吠えるワンちゃんもいるし

 

 

 

 

 

侵入者を追い払いたくて

 

帰るまで吠え続ける

 

いろいろあります

 

 

 

 

ようするにこれは

 

インターホンというより

 

来客に対しての吠え

 

 

 

 

来客に対して

 

どのような気持ちを持っているかで

 

対応は変わります

 

これは、また改めて別の機会に説明します

 

 

 

 

 

あと

 

2.突然のインターホンの音にビックリして

 

反射的に吠えが出る

 

物音に反応しやすい犬種や

 

反応する習慣があるワンちゃんは

 

ハッとする動作と同時にウォッ!と声というか

 

吠えが出ます

 

外に出る機会が少ないワンちゃんや

 

怖がりさんは過剰に反応しやすい傾向にあります

 

 

 

 

 

 

そして、

 

3.飼い主さんの動き

 

見落としがちなこれは

 

インターホンが鳴ると

 

はーい!と突然声を発したり

 

モニターを急いで見に行ったり

 

飼主さんの突発的な動きに

 

反応している

 

 

 

ということがあります

 

 

 

試しに、インターホンが鳴っていないのに

 

インターホンに対応しているような

 

言動を起こしてみて下さい(^^)

 

 

 

 

飼主さんの動きに過剰反応しているなら

 

この動きだけで吠えます

 

 

 

 

と、言うことはこの動作を

 

ゆっくりにするだけで

 

吠えにくくすることが出来ます

 

 

 

 

あるいは、音に最初は反応しても

 

それ以上過剰に吠え続けないかもしれません

 

 

 

 

インターホンは

 

のろのろ対応する(^^;

 

これやってみて下さい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

@横浜しつけ教室 子犬のしつけ方 パピー教室 インターホン吠え 兵藤動物病院

 

 

 

 

 

 

| 吠え | 12:37 | - | - | - | - |

インターホン吠えをやめさせる ある方法

 

 

今日は困った行動のしつけ方の種類について!

 

インターホンが鳴ったら

 

玄関に向かって突進し吠えるワンちゃんがいるとします

 

 

これをワンちゃんの頭の中(学習理論)で分けると

 

「インターホンが鳴る(条件)」

→「来客に吠えたい(追い払いたい)(衝動)」

→「玄関に向かって突進し吠える!(行動)」

→「来客がいなくなる(追い払えたという達成感)(報酬)」

 

 

追い払えた報酬があるので

 

インターホンに吠えることは繰り返されます

 

 

 

 

 

で、この吠えをなんとかする方法はたくさんあります

 

 

今日はその一つ”行動置換”をご紹介

 

行動置換とは、ある行動を違う行動に置き換えることを言います

 

 

 

インターホンに吠えるという過程をを行動置換すると

 

「インターホンが鳴る(条件)」

→「来客に吠えたい(追い払いたい)(衝動)」

 

 

★吠える前に行動置換!

床におやつをたくさんばらまく!

 

 

→「床にばらまかれたおやつを探す(行動)」

→「食べる(報酬)」となります

 

 

こうすることで

 

インターホンが鳴ったら玄関に突進して吠える

 

という行動をおやつを探す行動に置き換えることが出来ます

 

ようするに、”吠える”行動を

 

吠えることとは両立できない行動に置き換えることで(非両立行動分化強化)

 

吠えることをなくすことが出来るということ

 

 

 

 

 

ただし!

 

ばらまいたおやつを食べたいという衝動よりも

 

玄関に向かって吠えたいという衝動が強い場合は

 

行動置換になりません

 

 

 

 

ばらまいたおやつの魅力(種類や大きさ)

 

インターホンの音量(小さくする)等

 

確実におやつを食べたいという気持ちが勝つように

 

行動置換が出来るように調整する必要があります

 

 

 

 

 

早食いのワンちゃんには

 

特別な魅力的なガムとか

 

しばらく夢中になってカミカミしたくなるようなものを

 

玄関とかリビングとか

 

すぐに与えられるようにしておいて

 

インターホンがなったら

 

サッと与えられると

 

その間に宅配の対応などがしやすくなります

 

 

 

 

 

 

 

★行動置換には種類があります

(マニアックな方向け♪)

 

 

・非両立行動分化強化

 

吠えることと同時に出来ない行動、両立しない行動をさせること

 

インターホンが鳴ったら

おやつを床にばら撒く

ガム等の長く楽しめるおやつを与える

夢中になるオモチャで遊ぶ

 

 

 

 

・代替行動分化強化

 

吠えることが全く出来ないわけではないが、吠えにくくなる行動をさせること

 

インターホンが鳴ったら

オスワリする

ハウスの中に入って待つ

 

 

 

 

・他行動分化強化

 

吠える行動以外の行動をしたら報酬を与える

 

吠えなかったらご褒美を与える

ただし、何に対してご褒美がもらえたのかわかりづらい為、すぐに効果は得られない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インターホン吠えに困っている方は

 

お試しください☆

 

 

 

 

 

 

@横浜しつけ教室 子犬のしつけ パピー教室 兵藤動物病院

| 吠え | 10:23 | - | - | - | - |

風のガタガタする音にワンワンする

 

 

今日の横浜、風が強かった〜

 

家の玄関のドアや窓がガタガタ音を立てていました

 

こういう時、その音にたいして吠えるワンちゃんいますよね

 

特に小型犬が多いかな

 

 

 

で、今日はちょっと専門的なつまんない話します

 

 

 

ワンちゃんが突然の音に対してハッとすること

 

これ定位反応(定位反射)っていいます

 

考えて吠えているのではなく、反射的に反応しているってこと

 

 

 

そして、今日ずっと風が強かったので

 

私の愛犬はこんな反応していました

 

 

 

最初は窓がガタガタって音がするたびに

 

なんだ!なんだ!って感じで

 

ワンワンって吠えてました

 

で、1時間後・・・

 

吠えなくなってました

 

 

 

これは、最初はガタガタする音に対して吠えていたけど

 

ずっと聞いていたら慣れてきて吠えなくなってきた

 

ようするに、その音に慣れてきてわざわざ吠えなくなったということです

 

 

これを 順化(じゅんか)っていいます

 

 

 

 

この学習を使って、インターホンに吠える犬に、インターホンが鳴っても吠えないようにすることがあります

 

インターホンの音に反応するワンちゃんに

 

インターホンを慣らしても誰も来ない状況で、

 

インターホンのみずっと鳴らす

 

すると最初は吠えても誰も来ないし

 

何の意味もないと学習すると

 

次第にインターホンに吠えなくなる

 

 

 

と、いう感じです

 

ただし、この方法を現実的にやれる方は少ないので、

 

使用することはほとんどありませんが

 

 

 

 

で、一度吠えなくなったらずっと吠えないかというと

 

そうではありません

 

 

 

今日は風がずっと強いので吠えませんが、

 

これ、明日の朝またガタガタ音がしたら

 

また吠えます

 

 

これを 自然回復 って言います

 

 

 

 

 

順化は風によるガタガタする音に対してだけではありません

 

 

 

例えば飼主さんがダメ!って怒ること

 

これも最初は驚いて行動をやめるという反応があっても

 

毎回ずっと怒っていると

 

犬の方が慣れてきます

 

で、やめないからドンドン飼い主さんのダメ!が過剰になる  とか

 

 

 

 

 

例えばインターホンに吠える犬に金属を落とした音

 

ハッとビックリする音を出して

 

吠えを止める方法

 

これもこの金属を落とした音に慣れると

 

吠えを止めなくなります

 

 

 

 

あと、ご飯を食べなくなった犬に

 

ドライフードではなく嗜好性が高い

 

ニオイの強い缶詰やレトルトパックとかお肉とか

 

混ぜたり、缶詰をご飯にすることあると思います

 

で、ずっとそれをしていると

 

ドライフードだけだと、結局食べないってことがあります

 

缶詰やレトルトパックやお肉に味覚が慣れて

 

ドライフードのニオイや味が薄く感じる

 

これは 順応 って言います

 

 

 

 

今日はすご〜いつまんない話をしましたが

 

ドッグトレーナーはこのような学習をする可能性があることをあらかじめ予測をして

 

問題を改善するプランを提案します

 

 

 

 

だから、ドライのドッグフードをちゃんと食べるようにしたいという飼い主さんの願いに対して

 

缶詰を混ぜないでって言うのは

 

甘やかしてはいけないから

 

とか、

 

犬はドッグフードでいいんだ!

 

とか、

 

そういう理由ではない訳です(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

@横浜しつけ教室

 

 

 

| 吠え | 10:06 | - | - | - | - |

さぁ!攻撃せよ!って飼い主さんが言ってます

 

なんか変な題名・・(^^;

 

散歩中、他のワンちゃんに会うと吠えるワンちゃんっていますよね?

 

で、飼い主さんは相手のワンちゃんが向かい側から歩いてくるのを見つけると、

 

リードぐるぐる手に巻きません??

 

 

 

あっ犬が来た・・

 

突進して吠えるだろうからリードしっかり握らなきゃ・・・

 

グルグル・・グイッ・・・

 

吠えるだろうな、吠えるだろうな・・ドキドキドキ

 

 

で、ワァンワンワン〜〜!!!!

 

ダメ!!リード、ぐぃ・・

 

ワンちゃんほぼ宙吊り・・

 

飼い主さんの心の中(相手にすいません・・)って思う人もいるかな。

 

 

 

 

この感じ、他の犬に会うと吠えるワンちゃんを連れている飼い主さんは共感しませんか?

 

 

わかります(^^;

 

私も先代の愛犬がそうでした。

 

だから、他の犬を見つけると、緊張してしまいます。

 

で、突進に備えてリードをグルグル手に巻きつけるので、

 

リードがピーンッと張って愛犬にも『私は緊張してます』っていうのが伝わってしまう。

 

で、それがきっかけで、まだ他の犬にも気づいていない愛犬にも緊張がはしり、吠える引き金になってしまう。

 

 

 

そう、他の犬を発見し、リードを手にグルグル巻きつけるのは

 

さぁこちらは準備OKです!どうぞ突進を!

 

・・というように伝わってしまいます(^^;

 

 

 

で、私のレッスンでは

 

さぁ!吠えろ作戦を実行します

 

犬を見つけたら、どうせ吠える

 

さぁ、吠えるがよい

 

リードも通常のリードよりも長めのリードを使って

 

相手と接触がない程度の距離に

 

あえて伸ばして解き放してしまいます

 

もちろん、狭い道路で行うのは危険ですので、

 

広い歩道とか、交通量の少ない住宅街など安全管理をし場所を選ぶ必要があります

 

 

 

 

で、反応を見ます

 

最初は吠えても、

 

一定の距離からは相手に近づこうとしない、

 

吠えるのが早く止む、

 

飼い主さんが歩き続ければ、意識が自発的に飼い主さんに戻る、

 

こんな様子が見られればこの方法を活用していきます

 

 

 

要するに、どうせグルグルリードを巻きつけても吠えるわけですから、

 

吠える引き金になる、そのグルグルと飼い主さんのドキドキする緊張をいったん解放してみる

 

 

 

 

他の犬に吠えるのにお困りの飼主さんの多くは、周りの目を気にしています。

 

吠えたら相手に嫌な顔されるだろうな

 

吠えたら近所迷惑だろうな

 

吠えたらしつけが出来てないって思われるかな

 

 

不安でいっぱい・・

 

 

その考え方を変えるのはとても難しいことかもしれません

 

でも、私も一緒に歩きながら

 

 

前から犬来たよ〜。吠えてもいいよ〜。吠えちゃえ吠えちゃえ〜

 

リード緩ませて〜。

 

力抜いて〜。

 

吠えちゃえ、吠えちゃえ〜。

 

こんにちは〜(相手の飼主に)

 

ワワンッ!ワワンッ!

 

そのまま歩いて〜、リード緩ませて〜。

 

シーン・・・

 

 

 

 

そんなに吠えなかったですね・・って なります(^^;

 

で、これを一緒に散歩コースを歩きながら繰り返していると、飼い主さんの表情や方の力の入り方も変わり

 

私のずっとしゃべりながら歩くこの呪文を聞いて笑ってしまっています

 

 

で、この方が楽だな。って思ってもらえたらこの方法で練習してもらいます。

 

 

 

 

ただ、この方法はどの犬にも使えるわけではありません。

 

他の犬に吠えるっていっても種類があります

 

1.遊びたい近づきたい ねぇねぇ吠え

2.怖いから防衛・虚勢張っているなんちゃって吠え

3.縄張り争い・力を誇示 喧嘩上等吠え

 

使えるのは、2番です

 

なぜなら、本当は怖いので飼い主のそばを離れると不安になり、それ以上近づこうとしないからです。

 

なので、最初にこの方法を使うなら、犬の反応を見て判断する必要があります。

 

それから、2番であっても体の大きい犬や力の強い犬に使うのは危険ですね(^^;

 

体が引っ張られるので、力抜けません。

 

あと、2頭以上で散歩って場合も難しいかな。

 

 

他の犬に吠えて困っているという方は、愛犬の気持ちが1〜3のどれなのか、まずは考えてみて下さい。

 

さぁ!準備OK!突進せよ!の合図をなるべく出さないように意識してみると、ちょっと変わるかもしれません(^^)

 

 

 

 

 

@横浜しつけ教室

| 吠え | 14:01 | - | - | - | - |

吠えるのをパッとやめさせたい!

 

愛犬が吠えるので、困っている。

 

という方は多いのではないかと思います。

 

インターホン、家族の帰宅時、窓の外に向かって、いろいろありますね。

 

吠えると・・・まずうるさい・・ですね。

 

宅配の対応もよく聞き取れなかったり(^^;

 

あと、近所迷惑が気になる・・  ですよね。

 

特に集合住宅、夜は尚気になりますね。

 

で、この吠えがピタッと止まってほしい。

 

出来れば、まったく吠えないでほしい。

 

飼い主さんとしては特効薬がほしい。

 

今の生活を変えないで、何かいい方法探しますよね。

 

ん〜〜〜〜〜〜

 

結論を言うと、まったくゼロにする。もしくは反応しないようにするのは結構難しいです。

 

特に小型犬の多くが、家に人が来たり音がしたら吠えるように人が改良して作り上げている犬種がいっぱい。

 

だから、考えずにもう吠えちゃう。

 

多少吠えにくくする、もしくは吠えても持続させないようにする。ことが現実的。

 

あと、飼い主さんも生活を変える努力が必要。

 

例えば、窓の外に吠えるワンちゃんは、

 

窓の外が見えにくくする

 

窓を閉める、カーテンを閉める、犬が過ごす場所を変える

 

窓の外の音が聞こえにくくする

 

窓を閉める、シーンとしないようにテレビやラジオの音を流す

 

これだけでも、軽減できます。

 

プラスワンちゃんが眠たい状態を作れば最高。

 

吠えてほしくない時間帯の前に散歩や遊びをたっぷり十分行うと、適度に体が疲れて熟睡してくれます。

 

でも、飼い主さんは・・・

 

散歩は時間がないから行かれない

 

ベランダに出しておきたい

 

窓は開けておきたい

 

犬の過ごす場所は変えたくない

 

飼主さんの生活は変えないで、ワンちゃんに変わることだけを要求します。

 

 

それは無理だよ〜〜〜〜〜(^^;

 

ちょっとは何か変えようよ〜。

 

犬がいなかった生活のままでいたいと思いますが、もう犬を飼っている訳だからね。

 

ワンちゃんに変わってほしいなら、飼い主さんも変える努力をしないとね。

 

犬を飼うっていう生活にシフトしていきませんか〜〜。

 

そういうものだ。って変えちゃうと結構楽になることもたくさんありますよ(^^)

 

| 吠え | 21:08 | - | - | - | - |

来客中に吠えるワンちゃんの対処法


家電の修理や友人を招き入れた時など、自宅に家族以外の方が長時間いる場合に、ワンちゃんが吠えて落ち着かないという方はフードのつめられるおもちゃを使用することをお勧めします。

来客の動きに警戒するよりも、食べ物を出すことに意識を集中させられるので、来客の対応がしやすくなります♪
コングという食べ物を詰められるオモチャをワンちゃんに与えています。
ペットショップさんで売られていますので、是非使ってみて下さい。
日常的に使って、コングから食べ物を出すことが大好きにしておくと便利です。

この動画は夏にエアコンの修理に来た時に、自分の愛犬にコングを与えて撮影したものです。
映像が見づらいですが、愛犬がコングに夢中になって来客を気にしていないことをご覧いただければと思います。

| 吠え | 16:36 | - | - | - | - |

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
PR
New entries
Archives
Categories
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM