怒る時は名前を呼んではいけないのか!?

 

ワンちゃんが飼主さんにとって都合の悪いことをしたとき

 

タロウ!!もう!!ダメじゃない!

 

って怒ることはないでしょうか?

 

 

 

 

で、もしかしたら怒る時は名前を呼んじゃいけないって

 

どこかで聞いたことがある人もいるのでは?

 

 

 

 

 

なぜ怒る時は名前を呼んではいけないのか

 

説明します

 

 

 

 

 

結論から言うと・・

 

怒る時=名前を呼ぶ

 

を繰り返していると

 

 

 


ワンちゃんは

 

名前を呼ばれた=怒られる

 

と予測をします

 

すると、名前を呼ばれただけで

 

逃げたり、傍からいなくなったり

 

目をそらしたり

 

知らないふりをしたり

 

そのような行動が出ることがあります

 

 

 

 

 

 

 

大抵の方が

 

自分の方に意識を向けて欲しい時に名前を呼びます

 

人と人が会話をする時

 

名前を呼ぶのは用がある時

 

今から話しますよ、ねぇこっち向いてください

 

耳を傾けて下さいってことが多いと思います

 

 

 

 

 

で、ワンちゃんにも同じで

 

トイレで排泄することを教えたいとき

 

オイデで呼び寄せたいとき

 

何か合図をする時に

 

先に名前を呼びます

 

 

 

 

 

名前を呼んで

 

ワンちゃんが・・ん?と振り向いた時の方が

 

飼主さんに意識が向いていますので

 

もちろん、合図は入りやすくなります

 

 

 

 

 

反対に名前を呼んでも

 

名前=嫌なことが起きる

 

と学習してしまった場合は

 

名前を呼んでも振り向かず

 

別の行動をしたり

 

逃げたり、飼主さんからはなれてしまったら

 

合図が入れるどころか

 

避けられてしまっていますので

 

飼主さん側からの意思が

 

伝わりにくくなります

 

 

 

 

ということで、

 

名前を呼ぶ=怒る

 

を繰り返していると

 

名前の印象が悪くなって

 

避けられるようになる可能性があります

 

 

 

そして、

 

名前=いいことがある!と教えておくと

 

振り向いてくれる可能性が高くなります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

@横浜 子犬しつけ教室 パピー教室 兵藤動物病院 しつけ方

| 犬のしつけ | 10:26 | - | - | - | - |

子供にワンちゃんが唸る時

お子さんがいるご家庭で

 

多い質問が

 

子供に唸る どうしたらよいか

 

ということ

 

 

 

 

 

 

 

そして、この質問とセットで

 

子供の事を下に見ているから

 

唸るのでしょうか?

 

と聞かれます

 

 

 

 

 

 

 

 

で、それが起きた時

 

まず

 

保護者がお子さんとのワンちゃんの関わりを


観察してみてください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お子さんが何をしたら

 

または

 

何をしようとしたら

 

唸ったのか

 

 

 

 

 

 

例えば一番多いのが

 

 

 

 

 

ワンちゃんが

 

寝ているところを

 

無理やり起こしたり

 

荒っぽく触ったり

 

突然抱っこしてしまうこと

 

 

 

 

 

 

 

それから、

 

可愛くて

 

ぎゅぅっと抱きしめたり

 

ちゅうっとキスしようとしたり

 

抱き上げ方が痛かったり・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お子さんに

 

唸る原因は

 

”下に見ている”

 

のではなく

 

 

 

 

 

 

お子さんが

 

寝ているところを

 

無理やり起こしたり

 

荒っぽく触ったり

 

突然抱っこしたり

 

ワンちゃんにとって

 

 

 

 

安心できない存在

 

になっているからかもしれません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

 

唸った時にしてしまう対応

 

 

 

 

唸るのは

 

威嚇しているって飼主さんが

 

思ってしまうので

 

犬が悪い、やめさせないと

 

 

だから唸ったら

 

ダメ!と叱る・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これ唸ったワンちゃんの気持ちになったら

 

とてもしんどいこと・・

 

 

 

 

 

 

寝ているところを

 

無理やり起こされる・・

 

 

やめてよ!

 

寝かせてよ!

 

って言っているだけ

 

 

 

 

 

 

 

突然抱っこされて

 

びっくりしたから

 

突然抱っこしないで

 

って警告してるだけ

 

 

 

 

 

 

 

荒々しく

 

頭を撫でられる

 

もう!やめてよ!

 

って言っているだけ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それ嫌だよって

 

言っているだけなのに

 

 

 

 

 

 

更にママやパパにまで

 

ダメ!って怒られたら・・

 

 

 

 

しんどい・・

 

 

 

誰もわかってくれない・・

 

だからどんどん

 

唸るし子供の動きに対して

 

警戒するようになります

 

 

 

 

 

 

 

ワンちゃんを怒るのではなく

 

なぜ唸っているのか

 

考えてあげて

 

それをしないように

 

お子さんに指導してあげる

 

必要があります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ、唸ったのか?

 

寝ているところを起こされたら、どんな気持ちになる?

 

 

急に抱っこされたら、びっくりしない?

 

 

頭を荒っぽく撫でられたら、嫌じゃない?

 

 

 

自分だったらどうかな?

 

 

そんな感じで教えて欲しいのです

 

 

 

 

それが、お子さんのいるご家庭で

 

ワンちゃんを飼ううえで大切なこと

 

 

 

お子さんとワンちゃんが仲良くなるには

 

保護者のサポートがとっても大切になります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

@横浜しつけ教室 子犬のしつけ方 パピー教室 兵藤動物病院

| 犬の気持ち | 20:21 | - | - | - | - |

愛犬ハウスにこれかけて

 

昨日から

 

結構寒くなってきました

 

11月なので当たり前なのですが

 

ずっと暖かい日が続いたので

 

11月ってこんなに

 

寒いってことを

 

忘れていました

 

 

 

 

 

 

 

 

日中も寒くなると

 

愛犬のお留守番の

 

寒さ対策が必要

 

まだ真冬の寒さではないので

 

うちはこんな風にしています

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも使っているクレートに

 

毛布をかぶせる

 

 

 

 

 

 

毛布は

 

クレートがすべてすっぽり

 

かぶるくらいの大きさがおススメ

 

入るところだけ

 

ちょこっとめくれば

 

洞窟みたいなハウスが完成

 

 

 

 

 

 

自分の体温で

 

クレートの中の熱がこもって

 

ポカポカ・・

 

 

 

 

 

サークルを使っている方も

 

その中にこういうハウスが

 

入るのが理想ですが

 

 

 

 

 

サイズ的に難しいようなら

 

 

半分だけ毛布をかけてあげるのも

 

いいと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ、突然毛布を掛けると

 

暗いのにびっくりして

 

落ち着かない子もいますので

 

側面の1面だけ

 

ちょっとかぶせるとか

 

してみて

 

ワンちゃんの様子を見てみて下さい

 

 

 

 

 

毛布を気にしたり

 

不安げな表情や動きをしていなければ

 

2日くらいずつ

 

覆う面を増やしてみて下さい

 

 

 

 

 

 

最初は

 

後ろ面から覆います

 

ようするに

 

出入り口や

 

飼主さんが見えなくなる面

 

は気にしやすいので、後にし

 

更に最後に天井を覆う

 

というステップで行うのがおススメ

 

 

 

 

 

我が家は

 

更に寒くなると

 

このハウスの中に

 

ワンちゃん用の湯たんぽを

 

いれてお留守番

 

今年は暖冬のようなので

 

いつ登場するでしょうか

 

 

 

 

 

 

 

お留守番中の

 

愛犬が暖かくゆっくり

 

眠れるように

 

環境をつくってみて下さい(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

@横浜しつけ教室 子犬のしつけ方 兵藤動物病院 パピー教室

 

| クレートトレーニング | 12:25 | - | - | - | - |

独自の方法でいいじゃない。愛犬の要求にこんなこたえ方してみました

 

夜、寝る時

 

私が寝室に移動すると

 

トコトコトコ・・

 

 

 

 

部屋の扉の横に

 

ちょこんと座って・・

 

しゃべりはじめました

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ・・

 

これ、ようするに

 

一緒に寝たくて

 

お布団に入れて欲しくて

 

私に気づいて欲しくて

 

しゃべっているのです・・

 

 

 

 

 

 

でも

 

私は夜は一緒に寝ないようにしています

 

その理由は

 

私が眠れないから・・(^^;

 

 

 

 

 

 

 

愛犬ルルは

 

私の脇の下の隙間に入って

 

寝るのが好きで

 

私の二の腕に

 

前足と顔をのせて寝ます

 

 

 

 

 

 

 

その寝方で夜中ずっとは

 

腕が痛い・・

 

そして全然動けない・・

 

 

 

 

 

 

 

 

もともと私は眠りが浅いので

 

ルルが横にいると

 

まったく熟睡できない・・

 

 

 

 

 

なので

 

夜は寝室には入れずに

 

ルルはいつもいる場所で

 

寝てもらっています

 

 

 

 

 

 

 

でも、寒いのか

 

寂しいのか

 

ずっとブツブツ

 

しゃべっています・・笑

 

 

 

 

 

 

吠えている訳ではないので

 

知らないふりして寝てしまえば

 

そのうち

 

諦めて自分で寝ると思います

 

 

 

 

 

 

しつけのマニュアル的にも

 

知らないふりをしましょう

 

と言うと思います

 

 

 

 

 

 

 

ただ、私は

 

ルルに納得してもらうために

 

寂しいの〜?

 

一緒に寝られないよ〜

 

と言いながら

 

一度起きて

 

ルルのいる部屋へ・・

 

 

 

 

 

 

 

そして

 

彼は私の座っている座椅子で

 

寝たがるので

 

そこに毛布を敷いて

 

寝かしつけてみました

 

 

 

 

 

 

 

 

一緒に寝られないよ〜

 

ここで寝てね〜

 

 

 

ルルちゃんはいい子だね〜

 

おやすみ〜

 

 

 

と言いながら

 

ゆっくりなでて

 

寝室に戻ったら

 

ついてきませんでした(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

寝かしつけることを

 

いつもしている訳ではありませんが

 

 

 

 

 

 

お気に入りの場所で

 

少しなでなですることで

 

 

 

 

ルルの中で

 

納得したのでしょう

 

そのまま朝まで寝ていました

 

 

 

 

 

 

しつけの本には

 

きっと要求を悪化させないために

 

応えないこと

 

相手にしないこと

 

と書いてあることが多いと思いますし

 

そうすれば諦めることは確かですが

 

 

 

 

 

でも

 

独自の方法で

 

それで愛犬が気持ちが落ち着いたり

 

飼主さんの気持ちも落ち着いたり

 

するのなら

 

その結果がとてもいいものなら

 

独自の方法を

 

どんどん試して

 

 

 

 

 

 

 

ご自身の愛犬と

 

ご自身にあった方法を

 

考えていっていいのだと私は思います

 

 

 

 

 

 

 

 

今日もルルちゃんおしゃべり

 

するかなぁ〜(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

@横浜しつけ教室 子犬のしつけ方 兵藤動物病院 パピー教室

 

 

 

| 犬の気持ち | 20:04 | - | - | - | - |

高齢者にスパルタ問診!

 

 

今日、私は耳鼻科に行きました

 

待合室で順番が呼ばれるまで

 

待っていて

 

 

 

 

目の前で繰り広げられた

 

受付の女性と

 

ご高齢の女性とのやりとり

 

 

 

 

 

ご高齢の女性は

 

数日前から

 

耳が聞こえにくくなって

 

初めて来院されたよう

 

 

 

 

 

まず

 

問診票を渡され

 

書いたのち、受付の方に渡したのですが

 

問診票の文字が小さかったのか

 

書き方がわからなかったのか

 

空欄がところどころあったようで・・

 

 

 

 

 

受付の女性が

 

直にその女性に質問します

 

 

 

 

 

受:いくつーー!?

 

患:えっあっえっと・・

 

受:いくつーー!?

 

患:○○です

 

受:薬、飲んでるーー!?

 

患:○○って薬を飲んでて・・

 

受:大きい病気にかかったことはーー!?

 

患:あ・・白内障です・・

 

受:大きい病気はかかってないのねーー!?

 

患:(うなずく・・)

 

受:いつから症状出てるのーーー?

 

患:何日か前です・・

 

受:何日前ーー(怒)!?

 

 

 

 

70代くらいの女性に

 

30代くらいの受付の女性が

 

ずーっとこの口調で

 

しかもものすごい怒鳴るような大きな声で

 

ずっと聞きます

 

 

 

 

女性は耳が聞こえにくいとはいえ

 

そこまで大きくなくても

 

聞こえている様子

 

質問の意図も理解しているよう

 

 

 

 

 

 

 

受付の方は

 

きっと耳が聞こえにくい

 

ご高齢の方を相手にされることが

 

多いので、そんなに大きい声で

 

質問されるのだと思いますが

 

 

 

 

 

 

 

 

 

待合室に響き渡るような大きさの声と

 

威圧的な聞き方

 

敬語じゃないのも気になりましたが

 

でも

 

時々ニコッと笑顔で聞いてくれたら・・

 

 

 

 

 

 

 

すごい目つきで

 

早く答えてよ!

 

と言わんばかりの表情・・

 

 

 

 

 

 

 

 

この女性が

 

どんな気持ちで

 

初めて来院されているのか・・

 

 

 

 

何日か前から

 

耳が聞こえにくくなっている

 

だから、病院に来たわけで

 

 

 

 

 

 

問診票も

 

見えにくかったのか

 

書き方がわからなかったのか

 

だから書き漏れがあったわけで・・

 

 

 

 

 

聞いてて

 

とっても不快になりました

 

 

 

 

 

嫌だなぁこんな聞き方して

 

 

 

 

 

私の質問に早く答えてよ

 

その答え方じゃなくて

 

欲しい答えを早く言ってよ

 

時間ないんだから

 

 

 

 

 

 

みたいな感じで・・

 

 

 

 

 

 

全然、相手の気持ち

 

考えてないなぁ・・

 

 

 

 

 

って思っていていたのですが・・

 

 

 

 

 

 

いや・・待て

 

私も、そんな質問の仕方を

 

飼主さんにしていないだろうか・・

 

相手の気持ちになって

 

考えているだろうか

 

 

 

 

 

 

 

どんな思いで

 

私に依頼をしてきたのか

 

質問をしながら

 

飼主さんの不安や緊張に

 

気づき

 

安心できるような

 

会話の仕方を

 

私はしているのだろうか

 

 

 

 

 

 

いつも当然に行っている

 

仕事、聞き方

 

で相手の気持ちを

 

無視したり、傷つけたり

 

不快にさせたり

 

していることが

 

私にもたくさんあるのかもしれないなぁ・・

 

 

 

 

 

 

 

ふとそう感じました・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

@横浜しつけ教室 パピー教室 兵藤動物病院 子犬のしつけ方

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 私のひとりごと | 19:29 | - | - | - | - |

咥えたオモチャを放してくれない理由

 

ぬいぐるみやボール

 

を投げて一緒に遊ぶとき

 

口から放してくれない

 

時はありませんか?

 

 

 

 

 

 

 

近くまでは来るけど

 

手を出すと

 

口から放してくれない

 

その理由の一つとして

 

 

 

 

 

 

 

ぬいぐるみを

 

投げて欲しいのではなく

 

引っ張りっこがしたい

 

という場合があります

 

 

 

 

 

 

 

引っ張りっこをする時は

 

ワンちゃんが咥えている

 

オモチャの

 

反対側を持って

 

引っ張っって遊びます

 

 

 

 

 

だから

 

口からオモチャを出すと

 

ポイッとオモチャを

 

投げられてしまうので

 

投げて欲しいんじゃなくて

 

引っ張って欲しいんですけど・・って

 

なかなか放したがりません

 

 

 

 

 

 

だけど

 

飼主さんがオモチャの反対を持ってくれないと

 

引っ張りっこできないから

 

オモチャを持って欲しいけど

 

それ投げないで欲しい

 

その葛藤でウロウロしながら

 

咥えてなかなか放さないってことがあります

 

 

 

 

 

 

 

あとは

 

待て〜って追いかけっこしたい

 

ほ〜ら、追いかけてごらんよ〜

 

 

 

 

 

見たいな感じで

 

オモチャを放すとかそういうことじゃなくて

 

ただ、オモチャを咥えていると

 

飼主さんが口から出させようと

 

追いかけたりする

 

 

 

 

それが楽しくて

 

追いかけっこを誘っていて

 

オモチャを咥えたままな場合もあります

 

 

 

 

 

 

 

後は

 

咥えたものを取り上げることが多い

 

咥えられては困るものを

 

咥えた時に

 

口をこじ開けて

 

取り上げることが多いと

 

口に何かを咥えていると

 

飼主さんが取り上げると思い

 

それがオモチャでも

 

口から放すの嫌だなぁ

 

取り上げられるなぁ

 

って思って

 

放してくれなくなります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オモチャを投げて持ってくる遊び

 

を教えたいとき

 

まず飼主さんがしたいこと

 

という主観ではなく

 

 

 

 

 

今、ワンちゃんがしたいこと

 

ってなんだろう

 

好きな遊び方ってなんだろう

 

どんなことをしている時

 

嬉しそうにしているだろう

 

楽しそうにしているだろう

 

 

 

 

そこを知ることで

 

愛犬の気持ちに寄り添いながら

 

上手に

 

飼主さんがさせたい遊びにも

 

導いていけます(^^)

 

 

 

 

 

一緒に遊んでいる時

 

ちょっと観察をしてみて下さい♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

@横浜しつけ教室 子犬のしつけ方 兵藤動物病院パピー教室 甘がみ トイレの失敗

 

 

 

 

 

| 遊び方 | 16:58 | - | - | - | - |

それにしか見えない寝方

 

ワンちゃんって

 

一日ほとんど寝ているから

 

寝ている姿をよく目にします

 

 

 

 

 

 

 

そして

 

色々な寝方をします

 

 

 

 

 

 

 

 

横向きに寝たり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

丸まって寝たり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無防備に仰向けで寝たり・・

 

 

 

 

 

 

 

 

で、私が気に入っているのは

 

 


これ・・

 

 

 

 

 

 

土下座・・

 

 

じゃなくて

 

 

土下寝・・

 

 

全力で頭を下げているように

 

見える

 

 

 

 

 

 

この寝方を

 

私の体の上で

 

私の顔に向かって

 

このポーズで寝るのですが

 

全力で謝りながら

 

顔をうずめて寝ているようで

 

土下寝と名付けています

 

 

 

 

 

 

 

可愛ゆい・・♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

@横浜しつけ教室 兵藤動物病院 パピー教室 子犬のしつけ方

 

 

| 私のひとりごと | 21:19 | - | - | - | - |

散歩に行こうとすると逃げる犬

 

 

散歩行こう!と言う

 

胴輪や首輪、リードを持つ

 

鍵を持つ

 

散歩セットを持つ

 

外着を着る

 

 

 

 

 

 

散歩に行く前に

 

散歩だとわかる行動をすると

 

隠れる

 

逃げる

 

というワンちゃん

 

 

これを見ると

 

散歩嫌いなのかな?

 

と思うと思いますが

 

 

 

 

 

 

 

でも外に出ると

 

嬉しそうに歩く

 

楽しそうにする

 

という場合

 

 

 

 

 

ほとんどは

 

捕まえられること

 

が嫌で逃げる

 

 

 

あるいは

 

胴輪をつけられる行為が

 

嫌で逃げる

 

 

 

 

 

 

今まで

 

その逃げ方をするワンちゃんは

 

首輪ではなく

 

胴輪が多かった

 

そして

 

床で胴輪を装着するより

 

抱きかかえてから

 

胴輪をするのが多かったです

 

 

 

 

 

 

 

なので

 

まず、散歩だと察知されないように

 

あっ逃げきゃ

 

スイッチを入れないように

 

 

 

 

散歩行こう と言わない

 

胴輪やリードを先に持たない

 

散歩グッズを持たない

 

鍵を持たない

 

着替えない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

 

抱っこすることが嫌いじゃないなら

 

自然に抱っこして

 

 

 

 

 

 

 

 

それから

 

胴輪や首輪リードをつける

 

散歩グッズを持つ

 

鍵を持つ

 

外着を着る

 

 

 

 

 

 

 

それから

 

胴輪の方が

 

体の負担が少ないのでおススメですが

 

 

 

 

 

胴輪を付けられる行為が

 

苦手な子は

 

首輪に変える

 

胴輪の形状を変える

 

 

 

 

 

抱っこされたまま

 

装着されるのが嫌なら

 

床で装着するようにする

 

 

 

 

 

 

いつも逃げる

 

パターンを変えてみて

 

嫌がる要素が何か

 

色々変えてみて

 

実験をしてみて下さい

 

 

 

 

 

 

 

毎日頑張って

 

逃げるワンちゃん

 

隠れるワンちゃんを

 

捕まえずに

 

スムーズにお散歩に行かれるように

 

なるかもしれません(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

@横浜しつけ教室 兵藤動物病院 パピー教室 子犬のしつけ教室 子犬のしつけ方

 

 

| 犬の気持ち | 21:07 | - | - | - | - |

怖がりの犬は年単位

 

 

最近身近に保護犬を迎える方が

 

増えたなぁと感じます

 

 

 

テレビで保護犬のことを

 

放送しているのをよく目にしますので

 

きっとその影響なのかもしれませんね

 

 

 

 

 

保護犬って言っても

 

その時点で

 

それぞれ形成された性格がありますが

 

 

 

中にはとても怖がりな子がいます

 

 

 

 

 

とても怖がりな子は

 

怖くなくなるまで

 

とってもとっても時間がかかります

 

 

 

 

あぁ怖がらなくなったなぁって思うのが

 

気付いたら1年後2年後だったりします

 

 

 

 

 

 

私の愛犬は3歳の時に

 

我が家にきました

 

 

 

 

 

最初は私が触ることが出来ないくらい

 

人に対してとっても怖がり

 

 

 

 

首輪や胴輪の装着や

 

リードを着けることも出来ないので

 

 

 

 

最初は保護していた人に

 

首輪とリードをつけた状態で受け取り

 

しばらくつけっぱなしで生活していました

 

 

 

 

 

 

リードを外すこと着けることが出来るようになったの

 

1か月後

 

 

 

 

背中や胸のあたりを触るようになったのが

 

1か月半後

 

 

 

 

首輪をつけたり外したり出来るようになったのが

 

2か月後

 

 

 

 

 

足をふけるようになったのが

 

2ヶ月半後

 

 

 

 

 

 

病院の診察に行かれるようになったのが

 

6か月後

 

 

 

 

 

散歩中しらない人が声をかけたり

 

じっと見たりしても逃げなくなったのが

 

1年後

 

 

 

 

 

夫だけで散歩に行かれるようになったのが

 

2年後

 

 

 

 

記憶があいまいですが

 

たぶんそれくらいの期間で出来るようになっています

 

 

 

 

 

3歳で引き取った愛犬が現在9歳

 

うちに来て6年

 

初めての人にも自分から近づき調べます

 

胸や背中なら触ることが出来ます

 

 

 

 

 

一緒に旅行を楽しみ

 

先陣切ってどんどん初めての場所に

 

進んで歩いて行きます

 

 

 

 

怖がりだということは変わりませんが

 

彼女がこの人間の社会で生活するための

 

余裕と安心は広がりました

 

 

 

 

 

 

保護犬を迎える際

 

その性格を尊重しつつ

 

ゆっくり根気よくおつきあいしていく

 

覚悟が必要になると感じます

 

 

 

 

 

 

迎え入れたことがゴールなのではなく

 

 

そこからがスタート

 

 

時間と根気がある方は是非保護犬を(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

@横浜しつけ教室 兵藤動物病院パピー教室 子犬のしつけ方 保護犬

 

| 犬の気持ち | 23:02 | - | - | - | - |

犬のきもち教室 私のレッスンで大事にしていること

 

しつけ教室って

 

なんか言い方が

 

微妙かな〜って思って

 

犬のきもち教室に変えてみました(^^;

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今朝もドッグランで

 

グループレッスン

 

ドッグランで遊びながら

 

おいでで呼び寄せる練習など

 

共通語を練習していきます

 

 

 

 

 

 

でも

 

大切にしているのは

 

オスワリとか

 

待てとかが

 

出来ること

 

言うこと聞くこと

 

 

 

 

じゃなくて

 

 

 

 

 

 

 

愛犬のきもちを

 

理解することが大事

 

 

 

 

 

 

 

だから

 

今なにを考えてるのかな?

 

どんな気持ちかな?

 

その行動の意味はなにかな?

 

 

 

 

 

 

そんな風に

 

愛犬のことを

 

もっともっと知るために

 

お教室をしています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は飼主さんが

 

ワンちゃん達にとって

 

一番の理解者であって欲しい

 

一番気持ちをわかってくる人

 

一番安心できる人

 

 

 

 

 

そんな関係に

 

なったらいいなと思っています

 

 

 

 

今朝は途中で

 

ちょっと雨がふってきちゃったけど

 

思いっきり走って

 

いっぱい遊びました(^^)

 

 

 

 

 

ワンちゃんが楽しそうにしていると

 

幸せな気持ちになるなぁ〜

 

 

 

 

 

 

それを見る飼主さんが

 

嬉しそうにしていると

 

私も嬉しい

 

 

 

 

 

 

愛犬と参加する

 

ちょっとした習い事

 

 

 

 

 

みなさんが楽しんでくれることが

 

私の力になります(^^)♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

@横浜しつけ教室 兵藤動物病院パピー教室 子犬のしつけ方 ドッグラン いぬのきもち

| しつけ教室 | 14:38 | - | - | - | - |

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
PR
New entries
Archives
Categories
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM